専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立53年の伝統と実績に支えられ就職率96.5%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
admission
オープンキャンパスのご案内

京都コンピュータ学院の奨学制度

本学院では,教育方針に基づき,創立当初から,本学院奨学会による独自の奨学制度を設けています。 将来,情報技術者として社会に貢献できる有能な人材を育成するため,可能な限りの援助を行い,本学院への入学を志す者に対し,修学の機会を広く与えています。

奨学生種別

制度 概要 種別
①特待生制度 本学の定める基準に該当する者で,他の学生の模範となり,本学院の発展に寄与し得る者を対象とする。 ・ 閑堂記念奨学生
・ shotaro記念奨学生
・ 一般特待生
②経済支援奨学制度 経済的事情により修学が困難な者を対象とする。各志願者の状況に応じた経済支援を行う。 ・ 経済支援奨学生
・ 高度専門士奨学生
学費分割サポート奨学生
③貸費制度 経済的事情により修学が困難な者を対象とする。学費の無利子貸与を行う。 ・ 貸費生
・ 学費貸与奨学生
④校友会家族奨学制度 本学院の校友(卒業生および在学生)の家族・親類を対象とする。 ・ 校友会家族奨学生

※奨学制度はいずれも併用が可能です。ただし,閑堂記念奨学生・校友会家族奨学生以外の学費減免額は,授業料の全額(全日制課程の場合は50万円)が上限となります。

奨学生試験の出願手続

希望する種別毎に必要な提出書類を,入学願書類とともに入学事務室へ書留郵便にて郵送してください。 (期間末日必着。出願書類の提出は郵送に限ります)
入学試験と同時に出願する場合は,奨学生試験審査料は不要です。
入学試験と別に受験する場合および奨学生試験を複数回受験する場合は,その都度,書類の提出ならびに奨学生試験審査料30,000円,合否通知用切手(500円分)が必要です。

提出書類

書類名 ①特待生制度 ②経済支援奨学制度
③貸費制度
学費分割サポート奨学生 ④校友会家族奨学制度
a.奨学生志願書(E票)
b.奨学生調査書(F票)
c.受験票および写真票(G票,H票)
d.奨学生推薦書(D票) ※1 ※6
e.小論文 ※2 ※2
f.作品,その他審査の参考となる資料 ※3
g.世帯の所得を証明する書類 ※4
h.世帯の特別な経済状況を証明する書類(任意) ※5

※併願する場合,提出書類のうち,共通するものは重複して提出する必要はありません。

※1 出身学校の教員または本人の才能に関して詳しい人物によるもの。家族は不可。

※2 小論文のテーマ(併願でテーマが異なる場合は,それぞれ提出が必要です)

閑堂記念奨学生・shotaro記念奨学生(特待生制度)
「作品レポート」または「研究レポート」A4サイズ8枚程度。文書作成ソフトで作成すること。図・表を入れるなど表現は自由です。引用文献の書籍名・著者名を必ず記載してください。
一般特待生(特待生制度)
「私のアピールポイント」800字程度(文書作成ソフトで作成したものも可)
経済支援奨学制度,貸費制度
「私の目指す将来像」800字程度(文書作成ソフトで作成したものも可)

※3

  • 各種資格の合格証書の写し
  • 本人が開発したソフトウェアやシステム
  • 本人が制作したアート・デザイン作品
  • 本人が執筆した論文・出版物
  • クラブ活動や生徒会活動,社会的活動に関する賞状,書類の写しなど
  • 他の大学・短期大学・専修学校の卒業証明書または在籍証明書
  • 郵送できないものは,事前に入学事務室にご相談ください。

※4 源泉徴収票または所得証明書,納税証明書等(写しでも可)

※5 必要に応じて,本学院奨学会が指定する証明書等の追加提出を求める場合があります。

※6 校友によるもの。提出が困難な場合は,入学事務室へお問い合わせください。

出願期間・試験日・合格発表日

[2016年4月入学生]
募集回 出願期間 試験日 合格発表日
第1回 2015年06月01日(月)〜 2015年06月16日(火) 6月20日(土) 6月22日(月)
第2回 2015年06月17日(水)〜 2015年07月14日(火) 7月18日(土) 7月21日(火)
第3回 2015年07月15日(水)〜 2015年08月18日(火) 8月22日(土) 8月24日(月)
第4回 2015年08月19日(水)〜 2015年09月08日(火) 9月12日(土) 9月14日(月)
第5回 2015年09月09日(水)〜 2015年09月30日(水) 10月04日(日) 10月06日(火)
第6回 2015年10月01日(木)〜 2015年10月13日(火) 10月17日(土) 10月19日(月)
第7回 2015年10月14日(水)〜 2015年11月04日(水) 11月08日(日) 11月10日(火)
第8回 2015年11月05日(木)〜 2015年12月09日(水) 12月13日(日) 12月15日(火)
第9回 2015年12月10日(木)〜 2016年01月06日(水) 1月11日(月) 1月13日(水)
第10回 2016年01月07日(木)〜 2016年02月10日(水) 2月14日(日) 2月16日(火)
第11回 2016年02月11日(木)〜 2016年02月23日(火) 2月27日(土) 2月29日(月)
第12回 2016年02月24日(水)〜 2016年03月08日(火) 3月12日(土) 3月14日(月)
第13回 2016年03月09日(水)〜 2016年03月30日(水) 4月02日(土) 4月03日(日)
[2016年10月入学生]
募集回 出願期間 試験日 合格発表日
第1回 2016年05月01日(日)〜 2016年07月13日(水)   7月18日(月)   7月20日(水)
第2回 2016年07月14日(木)〜 2016年09月06日(火) 9月10日(土) 9月12日(月)
※合否結果は発表日付で本人あてに郵送します(掲示による発表は行いません)。
審査方法
書類審査面接にて審査します。(学費分割サポート奨学生は書類審査のみとなります
※面接は,原則として京都駅前校にて行います。時間等の詳細は受験票にて本人あてに通知します。
  • 原則として,退学した場合や成績・出席が不良の場合は,支給された奨学金を全額返還しなければなりません。
  • 奨学生は学校行事などに積極的に参加・協力し,学院発展に寄与するとともに,資格を取得するなど他の学生の模範となる義務があります。

①特待生制度

本学の定める基準に該当する者で,他の学生の模範となり,本学院の発展に寄与し得る者を対象とします。
閑堂記念奨学生
本学院創立者・長谷川繁雄先生の号「閑堂」を冠した奨学制度です。長谷川繁雄先生は,高度情報化社会の到来を予見し,本学院を創設されました。本奨学制度は,次代を担う情報分野のリーダーの育成を目的としています。
基準 減免額 定員
学業・人物ともに優秀で,独創性を有し,情報社会を牽引する資質を持つ者。応用情報技術者試験(ソフトウェア開発技術者試験)または同レベルの資格試験に合格し,ソフトウェア開発等の経験を有する者 在学中の設備維持拡充費・授業料・実習費の全額(各年次118万5千円) 若干名
shotaro記念奨学生
国際天文学会は本学院名誉学院長・宮本正太郎先生の天文研究への多大な功績を称え,小惑星7594番星をShotaroと命名しました。これを記念した奨学制度です。
基準 減免額 定員
基本情報技術者試験または同レベル以上の資格試験に合格し,ソフトウェア開発等の経験を有する者など 初年度の授業料の全額(50万円)
※2年次以降は,入学後の奨学制度に応募できます。
10名
一般特待生
※審査のうえ,種別を決定します。
基準 減免額 定員
以下のいずれか一つ以上に該当する者
  • 高等学校の成績の5段階評価の評定平均値が3.2以上の者
  • 出身学校のクラブ活動・生徒会活動などで,特に活躍した者
  • ボランティア活動の経験を有する者
  • 各種資格を有する者
  • プログラム,ゲーム,絵画・彫刻・デジタルアート,ロボット等,何らかのオリジナル作品を制作した経験のある者
  • 特定の分野に限らず,一芸に秀でた者
  • 他の大学・短期大学・専修学校などを卒業・中退した者
  • 社会人経験(アルバイト経験を含む)を有する者
  • その他,本学院が認める事由を有する者

A種:初年度の授業料から20万円

B種:初年度の授業料から10万円

C種:初年度の授業料から5万円

※2年次以降は,入学後の奨学制度に応募できます。

100名
出願手続,提出書類,出願期間・試験日・合格発表日,審査方法についてはこちらを参照してください。

②経済支援奨学制度

経済的事情により修学が困難な者を対象とします。現在,経済格差の広がりを背景に,経済的理由で進学を断念せざるを得ない人が増えています。これは日本の将来にとっても大きな問題です。本制度は,これまでの学業成績ではなく,経済的な事情を考慮して,各志願者の状況に応じた経済支援を行うものです。
種別 概要 減免額 定員
経済支援奨学生 世帯の経済状況を考慮して免除額を決定します。 在学中の授業料から毎年5万円〜50万円 30名
高度専門士奨学生 高度専門士号の取得を目指す,意欲の高い志願者が対象です。世帯の経済状況を考慮して免除額を決定します。
●対象学科:
芸術情報学科,経営情報学科,情報科学科,ゲーム学科,情報工学科
30名
※毎年度末に,更新手続(見直し再審査)を行います。状況に応じて免除額を変更することがあります。
種別 概要 減免額 定員
学費分割サポート奨学生 本学院が提携する教育ローンを利用される方を対象に金利手数料相当(初年度学費119万円の24回払い(2年間)に対する手数料)の支援を行うものです。
●応募資格:
100万円以上の学費を提携教育ローンから利用する者
初年度の授業料から5万円 制限なし
※奨学金は4月以降に減免額を返還いたします。
※提携教育ローンは,本学院と提携するクレジット会社との直接契約となります。詳細は「提携教育ローン」をご覧ください。クレジット会社の審査が不可となった場合は,本奨学制度は無効となります。
※2年次以降も提携教育ローンを契約された場合は,審査の上,奨学金支給の可否を決定します。
出願手続,提出書類,出願期間・試験日・合格発表日,審査方法についてはこちらを参照してください。

③貸費制度

※希望の種別を選んでください。審査のうえ,貸与額を決定します。
経済的事情により修学が困難な者を対象に,学費を無利子で貸与する制度です。
種別 概要 貸与額 定員
貸費生 卒業まで毎月,奨学金を無利子で貸与します。 I種:月額5万円

II種:月額3万円
30名
学費貸与奨学生 昨今の急激な景気悪化の緊急対策として設けられた奨学制度です。経済的事情により,学費をすぐに用意できない者を対象に,学費を無利子で貸与します。 I種:在学中の設備維持拡充費・授業料・実習費(118万5千円)

II種:在学中の授業料・実習費(80万円)

III種:在学中の設備維持拡充費・授業料・実習費の半額(59万2500円)

IV種:在学中の授業料・実習費の半額(40万円)
50名
※毎年度末に,更新手続(見直し再審査)を行います。状況に応じて貸与額を変更することがあります。
※情報コミュニケーション科(夜間部)の志願者が学費貸与奨学生を志望する場合は,種別に応じて夜間部の設備維持拡充費・授業料・実習費の全額または半額が無利子で貸与されます。
返還方法
貸費生:貸与の終了した月の翌月から,交付を受けた期間の倍の期間内に,貸与月額の2分の1倍以上の金額を毎月返還するものとします。
学費貸与奨学生:卒業した月の翌月から,毎月2万円以上を返還するものとします。
出願手続,提出書類,出願期間・試験日・合格発表日,審査方法についてはこちらを参照してください。

④校友会家族奨学制度

本学院の校友(卒業生・在学生)の家族・親類が,本学院へ入学することを支援する制度です。校友が,自らの親戚などに母校への入学を薦めることは,独自の教育を展開する私学にとって大きな意義があります。創立53年の歴史を誇る本学院では,親子2代や兄弟・姉妹で校友となる例も多くみられます。そのような伝統を尊重し強化するための制度です。
種別 概要 減免額 定員
校友会家族奨学生 四親等以内の親族(父母,兄弟姉妹,祖父母,おじ・おば,いとこ,配偶者等)が,京都コンピュータ学院の卒業生または在学生である志願者が対象となります。 入学選考料(3万円)と入学金(19万5千円または21万円)の全額 制限なし
出願手続,提出書類,出願期間・試験日・合格発表日,審査方法についてはこちらを参照してください。
■入学後の奨学制度
上記奨学制度のうち,閑堂記念奨学生,経済支援奨学生,貸費生,学費貸与奨学生については年2回8月および2月に,高度専門士奨学生については年1回2月に,成績優秀者や各種資格取得者, 経済的理由で修学が困難になった学生などを対象に募集します。
また,在学生を対象とした奨学制度もあります。
■祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合,贈与税が非課税となります。
2015年12月31日までの間に,個人(30歳未満の方のみ)が教育資金に充てるため,金融機関等との一定の契約に基づき,祖父母などから①信託受益権を付与された場合,②書面による贈与により取得した金銭を銀行等に預入をした場合,③書面による贈与により取得した金銭等で証券会社等において有価証券を購入した場合には,1,500万円までなら,教育資金非課税申告書を提出することによって贈与税が非課税となります。詳しくはお問い合わせください。
学費の分納・延納や奨学金に関するご相談・ご質問がございましたら,本学院入学事務室までお問い合わせください。

その他の奨学制度

独立行政法人日本学生支援機構(旧日本育英会)についてはこちらをご覧ください。