専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
career
オープンキャンパスのご案内

トップ » 就職・資格・進路 » 就職 » 内定者インタビュー » 内定者インタビュー2015 » デザインファクトリー(株)内定 原田瑞貴さん
デザインファクトリー(株)内定 原田瑞貴さん
内定者インタビュー 原田瑞貴さん デザインファクトリー(株)

中学時代から抱いていた夢を実現することができました。「薄桜鬼」や「アムネシア」などで知られる乙女ゲーム制作の最大手企業への就職です。3年生の後期から会社のウェブサイトを見続け,どうしたら就職できるか考え抜いた半年間。同時にキャリアセンターの先生方に指導していただきながら書類をそろえ,作品を応募したところ面接への招きがあり, 4年生の5月下旬,内定をいただきました。夢だったのでしばらくは信じられず,舞い上がっていましたが,もっともっと勉強して作品に自分の名前が記されるようになりたい,と今は意欲満々です。

「ゲーム開発の勉強」以外に進路を考えていなかった高校3年時,大学を探しても学科などに「コンピュータ」の名は付いているけど,どうもゲームの勉強ができそうにない,相談しようにも,そのような人がなかなかいない,という中,親とともにKCGのオープンキャンパスに参加したところ,ゲームを学ぶための素晴らしい環境,先生や先輩が気さくに話しかけてくれる明るい雰囲気にひかれ,進学を決めました。親もすぐさま気に入り,背中を押してくれました。

KCGでは,ITの知識は皆無に近かったこともあり1~2年生はとにかく真面目に授業を受ける,試験で点数をちゃんと取ることに集中しました。3年生からの実習は,自分磨きをしているのだと自分に言い聞かせ,手を抜くことなくやってきたつもりです。オープンキャンパスやフレッシュマンキャンプ,京都マンガ・アニメフェスタ(京まふ)などのスタッフにも参加しました。一緒に汗をかいた友達はみな意識が高く,私の宝物です。