専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
career
オープンキャンパスのご案内

トップ » 就職・資格・進路 » 就職 » 内定者インタビュー » 内定者インタビュー2015 » (株)トーセ内定 田中聖人さん
(株)トーセ内定 田中聖人さん
内定者インタビュー 田中聖人さん (株)トーセ内定

地元京都に拠点を置くゲームの技術者集団というイメージがあり,以前より憧れていた会社でした。KCGでの学内企業説明会に参加して選考内容をじっくり確かめ,4年時の5月に作品を添えて応募,筆記試験や,集団も含めた面接に数回臨み,7月末ごろに内定をいただきました。まだまだ学ばねばならないことは多いと思っていますが,世界に通用するゲームクリエイターになることを目標に,しっかり技術を磨くとともに,しっかり遊び,しっかり人付き合いをしていきたいです。

高校3年の春ごろは,進路が決まらず少し焦っていました。パソコンを触ったりゲームをしたりするのは好きだったので,近くて通うのにも便利なKCGのオープンキャンパスに参加してみたところ,ゲームをプレイするのではなく制作することにもとても魅力があることを知りました。ただ,ITの知識は皆無に近く,高校を卒業してからのしばらくの間,プログラミングの入門書を読みはしましたが,少し不安を抱きながらの入学でした。

入学後に入ったサークル「Club-SP」に所属する先輩の技術には度肝を抜かれました。その先輩方は皆,第一線のゲーム開発者として活躍中です。さらにインターンシップや,ゲーム関連のイベントスタッフとして参加し,現役の開発者の仕事ぶりを見た時も大きな刺激を受けました。それまで続けていたバイトも2年でやめ,ゲーム作りに没頭することにしました。このように好きなことを好きなだけやれるのは,学生のうちだけでしょうから。