専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
career
オープンキャンパスのご案内

トップ » 就職・資格・進路 » 就職 » 内定者インタビュー2015 » 日本アイ・ビー・エム・サービス(株)内定 中原和真さん
日本アイ・ビー・エム・サービス(株)内定 中原和真さん
内定者インタビュー 中原和真さん 日本アイ・ビー・エム・サービス(株)内定

日本のIT業界を牽引する企業から内定をいただくことができ,大変喜んでいる一方で,これからもしっかりと勉強を続けて社会に役立つ仕事をしていかなければならないと身を引き締めています。会社は担任の先生に紹介してもらって興味を持ち,チャレンジしてみようと応募,筆記試験,グループワークや会社のカフェを舞台にした社長・役員の方々との集団面談を経て,夏休み前に採用の知らせを受けました。入社後は研修をしっかりこなし,いずれはリーダーとしてプロジェクト全体を見渡せるような立場になれるよう,ひとつひとつ経験を重ねていきたいと思います。

高校は総合学科で,プログラミングなど情報関連の勉強をしていました。ITはこれからもどんどん発展・進化し,可能性が限りなく広がっていくでしょう。将来,ITの仕事に就きたいという思いに迷いはなく,専門学校への進学を決めたのです。ただ,コンピュータ系の専門学校は堅いというイメージが頭から離れず,その点だけは不安だったのですが,KCGのオープンキャンパスに参加してみて,自由な雰囲気と環境に,その不安は払拭されました。

入学後しばらくは言語などITの基礎をみっちり学びました。3年生後期からERPの勉強を始め,生産だけでなく人事・労務,財務など会社の流れ・工程を管理するそのシステムの魅力に取り付かれました。とても難しかったのですが,懸命に勉強しました。11月祭実行委員会のスタッフも務めました。スポンサー班として企業から広告を取り寄せる仕事を担当したのですが,社会人の方と触れ合う機会を持ったことで,就職に対する意識が高まったと思っています。