専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
career
オープンキャンパスのご案内

トップ » 就職・資格・進路 » 就職 » 内定者インタビュー2015 » (株)パイプドビッツ内定 中嶋勇斗さん
(株)パイプドビッツ内定 中嶋勇斗さん
内定者インタビュー 中嶋勇斗さん (株)パイプドビッツ内定

情報化社会が成熟し,クラウドコンピューティングがますます求められる時代になり,ぜひともそれにかかわる仕事に就きたいと思い,この会社を選びました。学内企業説明会で話を聞いてみたところ,事業内容をきちんと説明してくれながら「研修は正直キツいけど,やりがいがある」と強調する採用担当の方の熱意に心を動かされました。ファッション関連企業を中心に自社開発ソフトを提供する仕事です。まずビジネスマナーなど社会人としての基礎を身につけ,スキルを高めてプロジェクトリーダーを任せられるようになりたいです。

高校時代に進路を決める際は,大学に進む気はなかったものの,とりわけやりたいという道が見つからず,漠然と,将来は好きなコンピュータを使った仕事がいいな,と考えているにすぎませんでした。そんなときにKCGの存在を知り,自動車やガス関連の技術者である父親から,ハードもソフトも学べるエンジニアリング系への進学を勧められ,入学しました。

入学後はプログラミングに熱中する一方,資格取得にも力を注ぎました。また,軽音のサークル活動,オープンキャンパスやフレッシュマンキャンプのスタッフなど,楽しい経験を積むことができました。プロジェクト演習では,他の学科の学生とのコラボレーションが新鮮で,チームワークの大切さや,力を合わせることで生まれる新たなパワーを感じ取ることができました。