専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立53年の伝統と実績に支えられ就職率96.5%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
トップ » 学科一覧 » ビジネス学系 » 医療情報コース
医療情報コース
医療情報コース 応用情報学科 全日制3年
医療情報コース
医療情報コース

医療情報コースでは,医療事務部門だけでなく,医療機関あるいは地域医療のIT化をリードする高度な医療情報システムのエンジニアを育成します。関連するさまざまな資格の取得を目指します。

目標とする人材

高度にICT化される医療機関において,医療分野全般の知識と情報システム分野の知識や技術を修得した医療情報システムのエンジニア(医療情報技師)を育成する。

取得を目指す資格

医療情報・医療事務系

医療情報基礎知識検定試験,医療情報技師能力検定試験,診療情報管理技能認定試験,医師事務作業補助者検定試験 など

IT・ビジネス系

ITパスポート試験,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,情報セキュリティマネジメント試験,ビジネス能力検定,ビジネス文書技能検定,日商PC検定(文書作成),MOS(マイクロソフト) など

医療情報コースの注目科目

医学・医療総論
医療機関で働く専門職が共有すべき「健康の概念」を把握し,医学の発展と倫理に裏打ちされた医療の役割と提供のなされ方を学習します。
病院組織と安全管理
病院内で働く医師,看護師,その他の職種の人々と,病院内の部門と業務を理解し,各部門の効率的な連携の方法を学習します。また,各種管理機能および医療行為の意義を理解し,リスクマネジメントならびに安全管理について学習します。
医療記録と医療情報管理
医療記録の正しい書き方,患者情報の収集,安全な医療情報の保存管理および医療記録の一元管理等について学習します。さらに,膨大な臨床データが医療の質向上と政策立案のために収集と分析が行われていることを理解します。
医療情報システム概論
医療情報システムに求められる要件等,医療情報の特性とシステムの安全性について学習し,さらに病院情報システムの導入と運用,地域の保健・福祉を支える様々な広域の医療情報ネットワークシステムについて学習します。
医療先端情報学
医療情報分野の将来と医療情報技術者の役割について,海外の動向や最新トピックスを紹介しつつ,日本の動向と将来計画について学習します。また,最新の医療情報システムを導入している医療機関での研修なども予定しています。
医療情報技師能力検定演習対策
医療情報技師の登竜門の資格である「医療情報技師能力検定試験」に合格を目指すために,医学・医療基礎知識,医療情報システム基礎知識,情報処理技術基礎知識の分野について過去問題を中心に学習します。
>ビジネス学系