専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立53年の伝統と実績に支えられ就職率96.6%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
departments
オープンキャンパスのご案内

トップ » 学科一覧 » エンジニアリング学系 » 自動車制御コース(全日制3年)
日本で唯一 自動車制御コース(全日制3年)

クルマのIT化がとまらない!

自動車構造とコンピュータ制御の理論を学ぶ日本最初の自動車制御のコースです。

本コースのカリキュラムは,自動車工学とマイコン制御を本格的に学び,組込みシステムを実践的にマスターできるように構成されています。実習にはサーキット走行にも取り組むなど,本格的・総合的に自動車制御の知識・技術を修得します。

卒業生は,自動車に関連するさまざまなシステム開発に従事するなど,多くの分野で活躍しています。

就職先企業実績
  • トヨタテクニカルディベロップメント(株)
  • (株)テクノプロ・エンジニアリング
  • (株)テイ・アイ・シイ
  • (株)ジェイテック
  • ヤンマー(株)
  • (株)フルノソフテック
  • 富士ソフト(株)
  • (有)ダンディライアン
他多数
富士ソフト(株)勤務 稲垣 耕企 さん
稲垣 耕企 さん
2007年9月 自動車制御学科(現 自動車制御コース)卒
愛知工業大学中退

大手自動車メーカーの車載機械の制御システム開発の最前線で働いています。そのシステムは昨年発売された新車にも搭載されています。新車の開発スピードは速いので仕事は厳しいですが,自分の好きな自動車の仕事に携わっているのですから,幸せな毎日です。

地元の工業大学でLSIの勉強をしていましたが,自動車を買ってから魅力に取りつかれ,それまで学んだコンピュータと自動車のことを学べるKCGの自動車制御学科(現 自動車制御コース)に大学を中退して入学しました。KCG在学中はクルマの好きな人との出会いに恵まれ,やりたいことがとことんできました。大学ではこんなに多くのクルマ好きと出会うことはできませんでした。

いま開発現場にいますが,コンピュータの知識はあっても,実際の自動車に詳しい人は意外に少ないものです。現場には本当に自動車を知っている人,クルマ好きな人が求められていると感じます。自動車に興味のある人は,KCGの自動車制御コースに入学するとさらに自動車が好きになれると思います。

2012年12月インタビュー

(株)テイ・アイ・シイ勤務 福田 耕平 さん
福田 耕平 さん
2008年3月 自動車制御学科(現 自動車制御コース)卒
山口県立豊浦高校出身

入社4年目まで大手自動車メーカーでカーナビゲーションの実車を使ったテストを担当し,5年目の今はハイブリッドシステムのソフト開発を手掛けています。自分の関わった部品が実際に発売される車に搭載されますので,自動車好きとしては大変やりがいを感じています。

高校時代から自動車に興味があって,自動車のソフトについて学べるKCGに入学しました。KCGの自動車制御コースの特徴は自動車のハードとソフトの両方がバランスよく学べることです。学生も先生も車好きばかりで,授業でもさまざまな自動車やバイクに触る機会があります。ですから,今ソフトの開発をしていても,それが実際の車の中でどういう意味を持っているかが実感としてよくわかるんです。

卒業して痛感していますが,KCGに入学して本当に良かったです。学んだことすべて,また,友達との交流も含めて,生活のすべてが力になっています。

2012年12月インタビュー

自動車産業は最大のITマーケット

今,自動車には100個を超えるECU(電子制御ユニット)が搭載されています。自動車の生産コスト中,カーエレクトロニクスの占める割合は50%を超えています。

安全性だけでなく,環境問題や快適性も高いレベルで要求される今の自動車はコンピュータの制御なしでは成り立ちません。

現在はアクセルやブレーキ,ハンドル操作までもコンピュータが行うなど,人間の操作に頼らない技術が世界中で普及し始めました。自動車産業は現在,最大のITマーケットになっているのです。

不足する組込みシステムエンジニア

自動車メーカーのエンジニアの多くは機械エンジニアであり,エレクトロニクス関連のエンジニアは全体の20%しかいません。働く場の少ない整備士と異なり,自動車開発で重要度が増しているソフトウェアエンジニアの人材育成と確保は急務と言われています。

また,現在の自動車には安全・環境性能を高める上でもより一層のコンピュータ制御が求められ,構成する各部の機構が電動化されるか,それを前提としたものに置き換えられ,同時に電子制御化されています。そのため組込みシステムエンジニアの活躍の場はますます広がっているのです。

自動車制御コース 主任 吉岡 聡 先生
吉岡 聡 先生

これからの10年で,自動車には過去の50年を上回る変化が起こると言われます。それは,これまで以上に電子化が進むことが前提になっています。コンピュータによる制御技術の向上は自動車の基本性能だけでなく,安全装置や環境対応などに格段の進化をもたらしているのです。大きく変化するクルマやバイクにエンジニアとして立ち会いたいのなら,今がチャンスです。

考えるだけでワクワクする未来のクルマ像がKCGで見えるかもしれません。

自動車制御コースで未来のクルマについて語り合いましょう。

自動車とコンピュータの関係がよくわかる

オープンキャンパスで「自動車制御コース」の模擬授業を体験してください。

オープンキャンパスページへ