専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
departments
オープンキャンパスのご案内

トップ » 学科一覧 » エンジニアリング学系 » 先生・先輩からのメッセージ

先生・先輩からのメッセージ

学系教員からのメッセージ

久保田英司 先生

ものづくりを楽しもう!

エンジニアリング学系主任
久保田 英司 先生
 
京都コンピュータ学院 情報工学科卒業。情報処理技術者。
「アセンブリ言語」「マイコン実習」「エンベデッドシステム」「HDL基礎」「プロジェクト演習」などを担当。

私たちの身の回りにある携帯電話,家電製品,自動車,信号機,ゲーム機器,玩具などの製品を見て「中はどうなっているのだろう?」「自分でも作ってみたい…」と思ったことはありませんか? これらの製品にはコンピュータ(マイクロコンピュータ)が組み込まれており,このコンピュータが組み込まれたシステムを「組込みシステム」といいます。1969年,人類最初の有人月着陸ミッション「アポロ11号」に搭載された“アポロ誘導コンピュータ(AGC)”も組込みシステムです。

難しそうだと感じるかもしれませんが,まずは難しい理論を抜きにして,興味を持った技術を基礎から学び,実際にものづくりをしながら技術を修得しましょう。

久保田先生

KCG卒業後,母校で組込みシステムの教育を主導している久保田先生。熱心な指導で,後輩たちにものづくりの楽しさを伝えています。

先輩のメッセージ

先輩のメッセージ 清水さん
ヤンマー株式会社/組込みエンジニア
清水 洋祐さん
情報工学科
滋賀県立伊吹高等学校出身

子どもの頃からパソコンを触るのが趣味で,高校卒業を控えKCGへの進学を決め,就職のことも考えてハード,ソフト両方を学べる情報工学科を選びました。通学には2時間ほどかかりますが,始業時間が9時半と比較的遅いこともあり苦になりませんでした。

入学後はプログラミングの勉強に力を入れました。授業では組込みOS関連が好きでしたね。普段はあまり使わないOSだと実習環境がガラリと変わるので楽しかったです。

実家が農家ということもあり,以前から農業と,自分が好きなモノづくり,ITと関わりのある仕事に就きたいと,実家(滋賀県長浜市)からも近いヤンマー(米原市)への就職を入学したての頃から目指していました。KCGの先輩方が多く活躍していると聞いています。学校推薦をいただき,内定を得られて本当にうれしく思っています。ITの勉強を続け,自分に与えられた仕事をしっかりこなしながら,農業の発展に少しでも貢献できるよう努力していきます。

エンジニアリング学系 1年次春学期の典型的な履修例

 
1限 計算機システム概論1 C言語実習1 電気回路1 アルゴリズム1 英語1
2限 計算機システム概論1 C言語実習1 電子回路1 アルゴリズム1 特別講義1
3限 プロジェクト演習1 論理設計1 工業数学 アセンブリ言語1 漢詩
4限 プロジェクト演習1 論理設計1 線形代数学 アセンブリ言語1  
5限