専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
elec_maga
オープンキャンパスのご案内

トップ » PICマイコンの開発環境について
PICマイコンの開発環境について

PICマイコンの開発環境について

PICマイコンの開発環境

プログラムの作成,編集,コンパイル,シミュレーションデバッグなどはマイクロチップ社が無償で提供する統合開発ツールMPLAB IDEを利用します。

MPLAB IDEの最新版はマイクロチップ社(http://www.microchip.co.jp/)のサイトからダウンロードできます。

プログラム作成で必要となるCコンパイラはMPLAB IDEにコンポーネントされているサードパーティ製のHI-TECH C PICC-Liteを使用します。

PICマイコンにプログラムを書き込むには,専用のPICライタ,もしくはPICプログラマが必要になります。色々な製品が出ていますから,財布と相談して購入してください。

私は秋月電子通商の「AKI-PICプログラマ Ver.4」と,マイクロチップ社の「PICkit2」を使っています。

プログラム開発ソフトMPLAB IDEとPICライタやPICプログラマ