専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
event
オープンキャンパスのご案内

トップ » イベント案内 » サマーコース2013 » 身近な『情報』を科学する
身近な『情報』を科学する

身近な『情報』を科学する

概要
我々の身近にある「情報」に関するトピックを5つ取り上げます。シミュレーション・ゲーム・暗号・論理・著作権…聞いたことはあるけど分からない,使っているけどブラックボックスのままではありませんか? 実験をしたりパズルを解いたりして,これらのトピックの面白さに触れましょう。
学習のゴール
紹介するトピックについて各人が興味を持ち,基礎的な知識を獲得する。
前提知識
なし
使用テキスト
なし
使用ソフト
Microsoft Excel
特記事項
なし
スケジュール
  1. シミュレーションをやってみよう
    頭の中や実験室ではできないことでも,コンピュータ上でなら可能なこともあります。Excelを使って様々な現象をシミュレーションしてみましょう。お金の計算だけではExcelがもったいない!
  2. ゲームに勝つことを考える
    「自分の利益に基づいて相手の意思決定を予測し,自分の意志を決定する」,それが広義のゲームです。そんなゲームに勝つことを理論的に考え,実際にゲームをしてみましょう。
  3. 情報を「隠す」
    暗号はメールの送受信をはじめネット社会には欠かせません。暗号の基礎を学び,実際に暗号を解読したり作成したりしてみましょう。情報の存在自体を隠そうとする「新しい」暗号についても紹介します。
  4. 論理学入門
    コンピュータが動く基礎を与えているのが「論理」です。古代ギリシア以来の歴史があるこの分野を覗いてみるとともに,面白い「論理パズル」を解いてみましょう。
  5. 情報と社会
    著作権・個人情報保護・知的財産など情報にまつわる法律,また解禁となったネット選挙について紹介します。最後にこのコースを受講した皆さんの情報観を聞かせてください。