kcg.edu
「KCG」資料館へのご寄贈・ご寄付のお願い

日本におきましては,使用済みのコンピュータは廃棄処分となるのが通例です。特にシステム構成が大規模であった初期の大型汎用機は,その殆どが廃棄されてしまいました。それら歴代のコンピュータを貴重な資料として保存し,広く一般の人々に展示する施設も,我が国にはほとんど存在していないのが現状です。

日本最初のコンピュータ教育機関である京都コンピュータ学院は,1963年の創立以来,教育実習に使用した歴代の汎用コンピュータ,パソコン,周辺機器などを,資料保存の観点から学内に保管してきました。先人たちの尊い努力によって生み出され,時代が求める技術者の育成のために活用された機械を,末永く保存して次世代に継承したいと考えたからです。それぞれに込められた開発者たちの英知や,それらを実際に使用した人々の精神を,歴史に留めることは極めて意義深いことであり,まさに本学院の使命の一つであると考えております。

そのために,本学院では,1998年にコンピュータ・ミュージアム(KCG資料館)を学内に設置いたしました。小型コンピュータTOSBAC1100をはじめ,1970年代初頭の,当時としては画期的な国産コンピュータTOSBAC-3400,1970年代末から1980年代にかけて世界中で活用されたIBM370,UNIVAC1100やUNISYS2200の各シリーズ,また,SHARP MZをはじめとする歴代のパソコンなどを,当時の資料とともに,一般に公開しております。今後は,さらにこのミュージアムの充実をめざし,整備・拡充を進めてまいる所存です。

つきましては,世界的にも保存する価値がある,貴重で歴史的にも貴重なコンピュータや関連資料(カタログやマニュアル,写真等)などがございましたら,ぜひご寄贈のお申し出をお願いいたします。受け入れを検討いたします。

また,コンピュータ・ミュージアムの整備・運営に対する寄付金も広く募集しておりますので,あわせてお願い申しあげます。なお,ご協力いただきました皆様のご芳名は,末永く記録に留めさせていただきます。何卒,本旨ご理解の上,ご協力のほどお願い申しあげます。

参考資料 :学院機関誌『アキューム』Vol.9 「新しい高速コンピュータの誕生 -TOSBAC-3400開発の思い出-」

アキュームサイト: http://www.accumu.jp/

 

また,京都コンピュータ学院白河校舎に保存されている「京都市電」車両の保存にも,ご協力のほどお願い申しあげます。

京都市電についてはこちらをご覧ください。

 

01. ご寄贈の方法について

貴重なコンピュータや関連資料のご寄贈は,本学院総務部(下記)にお知らせください。

02. ご寄付の方法について 

コンピュータ・ミュージアムへのご寄付のご協力は銀行振込でお願いいたします。 下記フォームページより必要事項をご記入ください。 その後,銀行より指定の口座にお振り込みをお願いいたします。 ご協力をよろしくお願いいたします。

03. 個人情報保護について 

ご入力いただいた個人情報は,KCGグループのプライバシーポリシーに則り,責任をもって厳重に管理し,その利用については,ご寄付に対する感謝の意を表するために,校友会機関誌アキューム誌上にご芳名とご寄付金額を掲載させていただくこと(掲載を希望されない場合は,その旨お知らせください。)以外の目的で利用したり,外部第三者に提供するようなことは一切いたしません。

KCGグループプライバシーポリシー
http://www.kcg.ac.jp/site_policy.html

個人のお申し込みフォーム 法人のお申し込みフォーム
ご寄付・ご寄贈に関するお問合せ先

京都コンピュータ学院 総務部

〒606-8412 京都市左京区浄土寺馬場町1
TEL.(075)762-2030
E-mail.general@kcg.ac.jp