kcg.edu
車両別仕様

京都コンピュータ学院初代学院長 長谷川 繁雄先生により市電廃止後,京都コンピュータ学院白河校校舎裏庭に設置された2両の車両の仕様をご紹介します。校地内には,当時道路に敷かれていた石材,線路,駅,電線がそのまま保存されています。
※下記の仕様は原田氏の自作ノートをもとに作成しています

○ 資料提供:原田 聰 氏(元市電車両整備者)

2603
2603型 仕様 2603型は600型が改造され,ワンマン化されたものです。 昭和52年9月30日(河原町線・烏丸七条線廃止)まで営業
名称 中型低床ボギー電動客車
製造年月日 (1937年)昭和12年5月
改造年月日 (1964年)昭和39年( 連結・ワンマンカー)
定員(乗務員は除) 座席:32名 立席:58名
車体 日本車輪
台車 住友製鋼
制御 間接非自動
制動 非常弁付直通空気制動
全長 2603号:11700m/m 603号:10700m/m
2603号:2400m/m 603号:23900m/m
高さ 2603号:3800m/m 603号:3800m/m
重量 14.8t
1801
1801型 仕様 1801型は800型が改造された車体です。昭和53年9月30日(全線廃止)まで営業
名称 中型低床ボギー電動客車
製造年月日 (1949年)昭和24年4月
改造年月日 (1968年)昭和43年(ワンマンカー)
定員(乗務員は除) 座席:36名 立席:58名
車体 川崎車輪
台車 扶桑金属
制御 直接制御装置
制動 直接空気制動装置
主電動機 60hp×2
全長 1801号:11950m/m 801号:11950m/m
1801号:2440m/m 801号:2430m/m
高さ 1801号:3810m/m 801号:3810m/m