京都聖カタリナ高校の教育用システム導入をサポート

高・専(高等学校と専修学校)連携事業の一環として,KCGグループは,学校法人聖カタリナ学園・京都聖カタリナ高等学校(京都府南丹市園部町美園町1-78,小林豊校長,1951年創設)に対し,情報教育用のシステム導入に関するサポートを進めています。同校が2008年4月に新設した「普通科マルチメディアコース」の教育用設備を6月20日に導入し,同23日から運用が開始されました。今後は同コースのカリキュラム開発,授業連携,講師派遣や,同校内の基幹ネットワーク再構成などの支援を続けていきます。

同校への支援は,昨年3月,「校内に情報教育用コンピュータシステムを導入したい。運用面も含めてKCGグループが持つ専門的な知識をお借りしたい」と相談を受けたことがきっかけです。KCG側は同校との打ち合わせを密にしながら,要求分析,設計を経て2007年10月にシステムを導入し,その後,運用の支援を続けています。同校からは「快適に使っている」「導入する前と比較すると格段に授業がしやすくなった」「生徒は非常に喜んでいる」との評価を受けています。

その後,同校が今年4月に「普通科マルチメディアコース」を新設するに当たり,KCG側に対して同コース教育用設備の整備に関する支援を依頼。さらに▽マルチメディアコースの入学者を増加させるためのインパクトがあるアピールポイントが欲しい▽CG系,Web系,映像系,音楽系のそれぞれの入門(初歩)を経験させ,その中から1つだけでも専門性を持てるような特色あるカリキュラムを構築したい▽高等教育機関レベルの授業,実際に専門の講師が実施する授業,eラーニングによる授業を学校で持ちたい―などの要望を受けました。KCG側は,教員と生徒がともにシステムをスムーズに運用し,充実した授業ができるようになることを念頭に,授業管理支援ソフトウェア(Wingnet)や障害復旧支援ソフトウェアなどを組み入れた設備構築を提案し,このたび導入が実現しました。今後は運用面をサポートしながら,同校へのさらなる支援や,関係強化のあり方を模索していく予定です。

京都聖カタリナ高等学校
全世界に教育施設を持つ聖ドミニコ宣教修道女会を母体とする学校法人聖カタリナ学園(本部・愛媛県)の一員として1951年(昭和26年)京都府南丹市に創設された。校訓は誠実・高潔・奉仕。普通科(フードカルチャー・マルチメディア・キッズコース),看護科(5年制),福祉科(介護福祉・生活福祉コース)がある。