ERP人材育成に向けKCGとKCGIがCeS社と協定締結

企業の経営資源を適切に配分し有効活用するための考え方であるERP(Enterprise Resource Planning)の人材育成を目的に,京都情報大学院大学(KCGI)と京都コンピュータ学院(KCG)と,ERPの導入コンサルティングなどを手掛けるクレスコ・イー・ソリューション株式会社(以下CeS社,本社:東京都港区,代表取締役社長:谷口 義恵氏)は学術交流や協力関係の構築について合意し2015年11月16日,両者間で産学連携事業に関する協定を締結しました。KCGとKCGIはこれまでもERPの教育に力を入れ,多くの人材を関連業界に輩出してきましたが,今回の協定締結により,より充実したERPコンサルタント育成に向けた教育が行われることが期待されます。

KCGIでは近く,eラーニングによる「社会人向け短期ERPコンサルタント育成コース」をスタートさせます。これが,両者協定締結後初めての取り組みになります。

協定内容は▽ 相互の人材交流▽CeS社によるERP関連授業・講義の開講▽学術上の情報,刊行物及び資料の交換-などです。
現在KCG経営情報学科では「ERP開発実習」「ERP開発実習2」においてABAP =SAPⓇ ERPのプログラミング言語=プログラミングの実習授業をCeS社と共同で実施しています。またKCGIのERPコンサルタント育成プログラムをCeS社の社員教育に活用するなど協力関係を進めてきました。今後は両者で,ERPの導入コンサルテーション,開発,運用保守などを行える人材を育成するための,より実践的な教育プログラムの開発・推進に向け協議を重ねていきます。

KCGIでは,ERPパッケージとして世界的に最も導入事例が多いドイツSAP社のSAPⓇ ERPの教育用システムを導入して,実践的な教育を展開しています。合わせて,SAP社による認定試験「SAP認定コンサルタント」試験対策の講義を実施しています。この認定資格を取得することは,ERP関連のコンサルタントや企業におけるIT部門のスタッフとしての活躍を目指す人にとっては,大きな力となります。2006年度に大学院生として初めて本学の学生が「SAP認定ソリューションコンサルタント Financials」試験に合格し,以降も多数の合格者を輩出しています。

※ SAP,SAPロゴ,記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ,製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。