専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
q_a
オープンキャンパスのご案内

トップ » Q&A » 入学希望者向け » 学費・奨学制度について
京都コンピュータ学院の学費・奨学制度に関するQ&A

学費・奨学制度に関するQ&Aの一覧

学費について

奨学制度について

 

学費について

 

募集要項に記載されている学費以外に,お金を徴収されることはありますか?

必要経費は募集要項にすべて記載しています。原則として,記載されているもの以外に徴収することはありません。

 

奨学制度について

 

現在は高校生で,日本学生支援機構から奨学金をもらっています。KCG入学後も継続できますか?

継続は可能です。継続手続き等が必要となるので,日本学生支援機構にお問い合わせください。

 

奨学制度にはどのような種類がありますか?

京都コンピュータ学院は,教育方針に基づき,創立当初から本学院奨学会による独自の奨学制度を設けています。

将来,IT・コンピュータの技術を身につけて社会に出ることを望む方に,可能な限りの援助を行います。日本学生支援機構の奨学金や新聞奨学生制度もご利用いただけます。経済的な理由で修学を断念することのないよう,支援しますので,どんなことでもご遠慮なくご相談ください。

奨学制度のページ

 

入学試験(学科試験)や奨学生試験を受験する際,服装は制服がよいでしょうか?

私服,制服どちらでも結構です。面接試験を受ける場合は,制服やスーツの方が好印象を与えます。

 

奨学生試験や自己推薦入学の面接はどのような形で行われますか?

面接は試験官2名とご本人1名で行います。所要時間は15~30分です。

 

奨学生試験の難易度を教えてください。

奨学生の種別によって異なります。詳しくは入学事務室へお問い合わせください。

閑堂記念奨学生は,著書がある方や,プログラミングやアートのコンテスト等での入賞経験がある方などが対象です。該当する方は,ぜひチャレンジしてください。

 

できるだけ免除額が大きい奨学生に採用してもらいたいのですが,自信がありません。

奨学生を希望される場合は,出願時に希望する奨学生制度と種別を選んでください。

選考は,志望種別の奨学生としての合否以外に,同一制度内の他の種別としても同時に審査します。第一志望の種別では不合格でも,他の種別に合格することもあります。


例1)経済支援奨学制度の高度専門士奨学生で受験し,学費貸与奨学生Ⅱ種で合格。

例2)特待生制度のshotaro記念奨学生で受験し,A種奨学生で合格。


特に,経済的事情等で出願を悩んでいる方は,入学事務室にご相談ください。

 

奨学生試験を複数回受けることはできますか?

再受験は可能です。ただし,改めて選考することになりますので,出願書類の一部と受験料が必要です。詳しくは,入学事務室にお問い合わせください。

 

高校の成績があまりよくありません。成績が悪いと,奨学生に採用されないのでしょうか?

京都コンピュータ学院の奨学生試験は,高校の成績だけでなく,クラブ活動や取得資格などで審査するものや,経済的事情のみで審査するものもあります。

いずれも書類審査と面接で審査します(学科試験はありません)。あきらめずに,ぜひチャレンジしてください。

 

日本学生支援機構の奨学金を申し込む予定です。KCGの奨学制度と併用できますか?

京都コンピュータ学院の奨学制度は学院独自のものなので,併用できます。

 

KCGは日本学生支援機構の奨学制度の対象校ですか?

対象校です。