専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
school_info
オープンキャンパスのご案内

KCGのIT教育カリキュラムサポート

京都コンピュータ学院(KCG)はIT革命の時代をリードする,ITソリューション教育のコンテンツをご提供します。

IT革命の波が押し寄せ,社会全体にIT技術の普及が求められています。特に,大学,短期大学などの高等教育機関では,その対応が火急の大事であることに疑いはありません。しかしながら,単独の教育機関がITに完全に対応することは容易なことではあ りません。(*注1)

KCGは,米国ロチェスター工科大学(RIT)との姉妹校提携の下,米国のIT関連教育機関ならびに関係教授陣,そして著名企業とのネットワークを活用して,時代潮流を先取りします。そして,貴大学のIT教育のカリキュラムを設計し,各授業の内容を,専修学校正規単位認定科目としてデジタルデータで配信いたします。授業内容は技術進歩と社会変化に即応して更新されるため,決して時代に遅れることはありません。大学に比して柔軟性の高い専修学校制度と,KCG独自の,IT関連分野における国際的なネットワークによって可能となる,新しい時代の教育スタイルです。

アカデミズムの色彩の強い日本の大学では,アカデミズムの対極にある実用教育としてのITカリキュラム・授業内容のアウトソーシングは,最も合理的な方法です。時代を先取りする「KCG-ITソリューション教育のサポート」を,ぜひご検討ください。


(*注1)コンピュータ業界では,IT教育のカリキュラムと授業内容の設計・構築には組織的な情報収集と迅速な対応が不可欠なので,一専任教授や単独研究室だけでは技術進歩に即応することは不可能であると言われます。また一部には,日本における一般的な大学の場合は,制度上の諸問題と組織の文化特性により,時代の変化に即応することがさらに難しいという説もあります。そういった説の正否はともかくとしても,コンピュータは,進化・発展が激しい分野なので,教育内容を随時更新する必要があることに疑いはありません。特に,現実のビジネス社会と直接連動して進化・発展する「IT」の教育内容は,ビジネスへの応用から各種固有技術まで,広範にわたって,日々の動向に即応・並走したものでなくてはなりません。したがって,ITを教育しようとすると,半期あるいは一年を1クールとする,従来の授業科目や一般的な学科カリキュラムの作成方法では必然的に遅延が生じます。教育学の分野で,タイムリーなIT教育の授業を構成するには,各分野にわたって並行して更新される,水平分散方式の授業内容開発が必要と言われる所以です。