京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

career
オープンキャンパスのご案内

トップ » 就職・資格・進路 » 就職 » 内定者インタビュー » 内定者インタビュー2016 » パナソニックエクセルテクノロジー(株)内定 近藤さん
パナソニックエクセルテクノロジー(株)内定 近藤さん
内定者インタビュー
※2017年3月末時点
パナソニックエクセルテクノロジー(株)内定 近藤さん

内定をいただいたのはパナソニック系の設計開発のみを請け負っている会社です。白物家電,TV・ハードディスク,車載と主に3部門が置かれているのですが,白物家電の部署は,実家(草津市)のすぐ近くにあります。総合電機メーカーの中でも,自分がやりたいことである「作る」ことにのみ専念できる会社だったので,大手の学校推薦もいただきましたが,こちらに進むことにしました。まずは与えられた仕事を着実にこなせるようになりたい。そして将来は自分が設計した商品を店頭で見るのが夢です。会社は毎週土曜日に勉強会を開いていますが,積極的に参加するつもりです。

高校時代から数学が好きで,プログラムでいうとフローチャートを考えるのが楽しみでした。高校卒業時は,指定校推薦で大学へ進む選択肢もあったのですが,将来はモノづくりの仕事に就きたいと思い,学内説明会で話を聞いたうえで通学に便利なKCGへの進学を決めました。高度専門士の称号が欲しかったこともあり,学科は情報工学科以外には考えられませんでした。

KCGでは良い成績を残して良い就職をしようと,勉強に励みました。1年時に受けたアセンブリの授業は難しくて閉口しましたが,かえってそれが別の比較的簡単な言語を学ぶ苦労を感じなさせてくれたように思います。高速道路パーキングエリアの厨房やカレー店でのアルバイトは,年上の方とのコミュニケーションをとる能力をはぐくんでくれました。

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう