京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

career
オープンキャンパスのご案内

トップ » 就職・資格・進路 » 就職 » 内定者インタビュー » 内定者インタビュー2016 » アイディアファクトリー(株)内定 野原さん
アイディアファクトリー(株)内定 野原さん
内定者インタビュー
※2017年3月末時点
アイディアファクトリー(株)内定 野原さん

内定をいただいたのは東京にある乙女ゲーム制作に特化している会社で,私が大好きな「アムネシア」や「薄桜鬼」といった作品も手掛けています。ここで働くことが高校時代からの夢でしたので,とてもうれしいです。キャリアセンターやゲーム学科の先生からのアドバイスのおかげです。自分が思い描いたシナリオを使った作品が世に出てヒットする,そんな次の夢が新しくできました。少しでも早く会社の雰囲気に慣れ,いろいろなことにチャレンジしながら,夢に近づいていけたらと思っています。

高校1年の時からいろんな専門学校のオープンキャンパス(OC)に参加していましたが,実は当時,IT分野は進路として考えていませんでした。そんな折,KCGの先生が校内での説明会に来られ,たまたま話を聞く機会があったのです。それまでゲームは楽しむものだという存在でしたが,KCGのことを聞くうちに,次第に制作に興味を持ち始めました。KCGのオープンキャンパスに参加してみたところ,学生スタッフによる丁寧な説明,先生との距離が近く感じられたこともあり,入学を決めました。じっくり学び,高度専門士の称号を得たかったので,4年課程のゲーム学科にしました。

授業では企画書づくりが楽しかったです。ただ,あまりに多くの作品提出を指示されたので大変ではありましたが。4人で立ち上げた乙女ゲームサークル「こいぷろ」の活動は充実してましたね。OCのスタッフでは他学系の友人がたくさんできました。旅館でのアルバイトではたくさんの人に巡り合うことができました。どれも私の大切な思い出であり,宝物です。

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう