0120-988-680
[入学相談窓口]

デジタルアートコース

departments

応用情報学科

デジタルアートコース

全日制3年

デジタルアートコースでは,独自の発想を確かな方向にまとめ上げるコンセプトメイキング力を養うとともに,ソフトウェアを高度に活用する制作技術を身につけます。

京都駅前校にアート・デザインを学べる「デジタルアートコース」を新設

京都コンピュータ学院(KCG)は,JRや近鉄などを使って通学する学生の利便性を考慮し,京都駅前校でアート・デザイン分野を学べる「デジタルアートコース」を2018年4月に新設しました。京都駅前校には高性能グラフィックワークステーションPC,22インチサイズの高性能液晶ペンタブレット(Cintiq 22HD),A3サイズのトレース台,高性能アートペンがそろう「制作ラボ」があります。また,同じ校舎内にゲーム,ウェブ関連の学科が設置されていることから,各分野で学ぶ学生とのコラボレーションが実現しやすくなり,アート・デザイン分野における知識・技術を応用する機会が増えるでしょう。

デジタルアートコースの注目科目

立体デザイン演習

粘土や木材,金属などさまざまな素材を用いて作品を作ります。立体感覚や空間認識力を高めることが,コンピュータを利用した作品制作にも役立ちます。

3DCG

プロ仕様の3DCGソフト「Maya」を使用し,3Dモデリングや照明効果,カメラワークを駆使して,迫力のある3Dアニメーション作品を制作します。

Webデザイン

業界で広く使われているWeb開発ツール「Dreamweaver」を使用し,“Webサイトを設計する”という視点から制作に取り組みます。

広告・DTP実習

ポスターや雑誌,新聞広告などのデザインをします。色彩コーディネート力,レイアウト感覚を養い,DTP技術を身につけます。

映像実習

映像の撮影および編集のスキルを高めるとともに映像処理ソフトウェアの使用方法を学びます。さらにDVDのオーサリングやインターネット映像配信の作成方法も学習していきます。

コマアニメーション入門

手描きのイラストや切り絵,粘土などのアナログな素材を使ってシーンを用意し,少しずつ動かしながら撮影してアニメーション作品を制作します。

資料請求 入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします オープンキャンパス オープンキャンパスでKCGを体験しよう