京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

先生・先輩からのメッセージ

departments

学系教員からのメッセージ

アート・デザイン学系主任

藤田 啓輔先生

京都コンピュータ学院 芸術情報学科卒業
「映像実習」「プロジェクト演習」などを担当

「作ってみたい」,その気持ちを確かな技術に。

皆さんは「この映画はどうやって作られているのだろう?」とか,「こんなイラストが描けたらいいな」と思ったことはありませんか? 私自身も高校生の頃,いろんな雑誌を見て「グラフィックデザインを仕事にできたらいいな」と思っていました。

ほんの少しの興味や夢をきっかけに,実際にデザインやITを学んで,同じ夢を持つ仲間とアイデアや考えをぶつけ合うことで,自分のセンスと技術を磨いていけるのです。

「こんな作品を作ってみたい!」という気持ちが一番大切。KCGで夢をかたちにして,アート・デザインを仕事にしてみませんか?

先輩のメッセージ

山澤さん

株式会社マーベル/ビデオ編集アシスタント(テレビ・広告)
芸術情報学科 京都市立洛陽工業高等学校(現: 京都市立京都工学院高等学校)出身

編集マンとして大勢の人を楽しませるテレビ番組作りを

中学時代に授業の一環でプログラミングを学び,面白そうだと感じて工業高校に進んだものの「本当に自分のやりたいことは何か」と考える日々でした。もともとテレビやエンターテインメントの業界に関心があり,友人に誘われて参加したKCGのオープンキャンパスで芸術情報学科の存在を知り,さらに映像制作系の体験授業が自分に合っていると感じて入学を決めました。入学後は絵コンテを描く授業からノードベース・コンポジットの演習まで,映像作りをゼロから丸ごと教えてもらい楽しい毎日でした。就職活動ではキャリアセンターに相談したほか,学内企業説明会やインターンシップに積極的に参加し内定を勝ち取りました。KCGでは入学後のフレッシュマンキャンプやオープンキャンパスへのスタッフ参加などで,学系を超えた友人がたくさんできました。後輩のみなさんにも,人とのつながりを大切に,頑張るときは頑張って,でも無理はしすぎず息抜きもして,充実した学生生活を送ってほしいです。

東京に本社がある内定先企業は,テレビ業務を中心に各種スタッフの育成・業務請負を行うとともに,テレビ番組の企画・制作,広告映像制作全般を手掛けています。これから一人の編集マンとしてキャリアを積んで成長し,大勢の人に楽しんでもらえる多くのテレビ番組を作っていきたいです。

アート・デザイン学系 1年次春学期の典型的な履修例

 
1 ドローイング演習1   色彩レイアウト演習1 プロジェクト演習1 中国語
2 ドローイング演習1   色彩レイアウト演習1 プロジェクト演習1 特別講義1
3 グラフィックツール入門1 映像入門1 キャラクター制作1 Web入門1 天文学
4 グラフィックツール入門1 映像入門1 キャラクター制作1 Web入門1  
5          

資料請求

オープンキャンパス

資料請求

オープンキャンパス

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう