0120-988-680
[入学相談窓口]

先生・先輩からのメッセージ

departments

学系教員からのメッセージ

アート・デザイン学系教員

中林 聡子先生

京都コンピュータ学院 コンピュータアート科(現 アート・デザイン基礎科)卒業
元(株)東通勤務。「3DCG・映像研究」「プロジェクト演習」などを担当。

「作ってみたい」,その気持ちを確かな技術に。

皆さんは「この映画はどうやって作られているのだろう?」「こんなイラストが描けたらいいな」と思ったことはありませんか? 私自身も高校生の頃,雑誌を見てグラフィックデザインを仕事にできたらいいな,と思っていました。

ほんの少しの興味や夢をきっかけに,実際に学んで技術力をつけ,同じ夢を持つ仲間とアイデアや考えをぶつけ合うことで,自分のセンスを磨いていけるものです。

“こんな作品を作ってみたい!”という気持ちが一番大切。KCGで夢をかたちに,アート・デザインを仕事にしてみませんか?

アート・デザイン学系の就職指導も担当している中林先生。業務経験に基づいた指導により,多くのデザイナー,クリエイターを業界に送り出しています。

先輩のメッセージ

福井さん

株式会社デジサイトグラフィックス/3DCGデザイナー
芸術情報学科 滋賀県立草津高等学校

ITを使ってモノ作りがしたいと思い,通学が便利で最新の設備が整っているKCGに入学,絵を描くことが好きだったのでアート・デザイン学系を選びました。1年次はソフトの扱い方を覚えるのに必死,2年次は「舞台芸術IT」の授業を受け,映像技術の魅力を知るとともに先輩の技術を見て刺激を受けました。その後,映像とCGどちらの道に進むのか迷ったのですが,勉強をしていて知識,技術が身についているという手応えからCGを選びました。

京都に本社があるゲームの映像や,アニメーションを制作している会社から内定をいただきました。インターンシップに参加後,会社の方から「学ぼうとする姿勢が感じられる。君を育てたい。就職しないか」と声を掛けていただきました。東京で働くことも考えましたが,この会社で自分の力を試したいと思ってお世話になることにしました。就職したら早く社員のみなさんに追い付き,追い越し,会社の発展に貢献できる人材になりたいです。

アート・デザイン学系 1年次春学期の典型的な履修例

 
1 ドローイング演習1   色彩レイアウト演習1 プロジェクト演習1 中国語
2 ドローイング演習1   色彩レイアウト演習1 プロジェクト演習1 特別講義1
3 グラフィックツール入門1 映像入門1 立体デザイン演習1 Web入門 天文学
4 グラフィックツール入門1 映像入門1 立体デザイン演習1 Web入門  
5          
資料請求 入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします オープンキャンパス オープンキャンパスでKCGを体験しよう