京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

先生・先輩からのメッセージ

departments

学系教員からのメッセージ

アート・デザイン学系主任

藤田 啓輔先生

京都コンピュータ学院 芸術情報学科卒業
「映像実習」「プロジェクト演習」などを担当

「作ってみたい」,その気持ちを確かな技術に。

皆さんは「この映画はどうやって作られているのだろう?」とか,「こんなイラストが描けたらいいな」と思ったことはありませんか? 私自身も高校生の頃,色んな雑誌を見て「グラフィックデザインを仕事にできたらいいな」と思っていました。

ほんの少しの興味や夢をきっかけに,実際にデザインやITを学んで,同じ夢を持つ仲間とアイデアや考えをぶつけ合うことで,自分のセンスと技術を磨いていけるのです。

「こんな作品を作ってみたい!」という気持ちが一番大切。KCGで夢をかたちにして,アート・デザインを仕事にしてみませんか?

先輩のメッセージ

大町さん

株式会社チドリグラフ/CGデザイナー
芸術情報学科 京都府立工業高等学校 出身

CGデザイナーとして京都ならではの映像制作を

高校時代,KCGのCMを見て興味を持ち,参加したオープンキャンパスのCG関連授業が面白く,最新の設備にもひかれてKCGへの入学を決めました。KCG出身の藤田啓輔先生や,3DCGアーティストのブランランド・ベン先生の講義は実践的で,授業で学んだことがそのまま資格試験にも出るなど,本当にためになりました。独学では限界がありますが,先生方のおかげで,映像系の知識はもちろん,CGスキルも格段に上がり,CGクリエイター検定エキスパートに合格できました。芸術系を志すみなさん,良い作品にも悪い作品にも多く触れて審美眼を養い,良いものは何でも取り入れることが上達への近道ですよ。

内定をいただいた京都市の制作会社は,CG映像を用いたイベントや空間演出の企画,映像ディレクション,CMや映画などにおけるVFX制作を展開しています。KCGの先生の紹介で,同社で1カ月間のアルバイトを経験した後,CGデザイナーとして正社員採用されました。内定先は京都ならではの和風テイストのデザインに定評があり,有名ミュージシャンのライブビデオや人気ゲームのPVなどを手掛けています。京都育ちの私も,京都でしかできない映像・CG制作に挑戦していきたいです。

アート・デザイン学系 1年次春学期の典型的な履修例

 
1 ドローイング演習1   色彩レイアウト演習1 プロジェクト演習1 中国語
2 ドローイング演習1   色彩レイアウト演習1 プロジェクト演習1 特別講義1
3 グラフィックツール入門1 映像入門1 キャラクター制作1 Web入門 天文学
4 グラフィックツール入門1 映像入門1 キャラクター制作1 Web入門  
5          

資料請求

オープンキャンパス

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう