京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

先生・先輩からのメッセージ

departments

学系教員からのメッセージ

ビジネス学系主任

田渕 篤先生

京都大学大学院工学研究科修了。元NEC研究員。京都情報大学院大学准教授。
「プロジェクト演習」「XML入門」「Javaアプリケーション開発」などを担当。

新しいビジネスと,それを支えるICTを学ぼう。

近年,私たちをとりまくさまざまな情報がデジタル化され,ICTの力で新しいサービスや製品を作り出す原動力になっています。

普段の買い物では,電子決済が当たり前になり,またその消費行動がビッグデータとして集約され,次の商品開発に活かされています。

紙の資料と対面の会議が普通だったオフィスの業務も,電子ファイルとネット会議への転換がますます進み,新しい働き方が生まれています。人の経験知に頼ってきた農業・水産業や医療の現場で,AI(人工知能)によるデータ分析が人間の判断をサポートすることも,遠い未来の話ではなくなりました。

日本だけでなく世界中のビジネスは,ICTによる革新の真っただ中にいます。その担い手となるのは,みなさんです。KCGで新しいビジネスを,そしてそれを支えるICTを,共に学びませんか?

先輩のメッセージ

廣本さん

株式会社オズ・リンク/フロントエンドエンジニア
経営情報学科 滋賀県立大津商業高等学校 出身

バックエンドも触れるフロントエンドエンジニアに

パソコンに触れたら将来役に立つ程度の気持ちで,通学に便利だったことや歴史と伝統がある安心・信頼感からKCGに進学を決めました。パソコンはエクセル程度しか経験がなく不安でしたが,KCGでは分かりやすい授業で段階的にしっかり教えてもらえたので,最初の年でプログラミングの基礎は完全に学べました。後輩のみなさんも最初のプログラミング授業は大事にしましょう。就職活動では,早い段階で希望職種を固め企業を探してください。

Webサイト制作を行う京都市内のマーケティングエージェンシーに内定をいただきました。職種は,サイトで直接ユーザの目に触れる部分を担当するフロントエンドエンジニアです。2年生の頃から目指していたこの職種を募集する企業が少ない中,就職サイトで最初に見つけたのが内定先でした。説明を聞いたら全く希望通りで,インターンは募集開始を待ち構えて申し込みました。入社後は早く一人前になって商品やサービスの紹介に特化したLP(ランディングページ)を独力で完成できるように,将来はバックエンド(サーバなど後方部分)も触れるフロントエンドエンジニアになりたいと思っています。

ビジネス学系 1年次春学期の典型的な履修例

 
1 アルゴリズム1   簿記会計 VB.NET実習1 英語1
2 アルゴリズム1 経営情報システム コミュニケーション技法1 VB.NET実習1 特別講義1
3 計算機システム概論1 プロジェクト演習1 文章構成法 ビジネス文書演習 心理学
4 計算機システム概論1 プロジェクト演習1   ビジネス文書演習  
5          

資料請求

オープンキャンパス

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう