京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

先生・先輩からのメッセージ

departments

学系教員からのメッセージ

デジタルゲーム学系主任

髙橋 功先生

京都コンピュータ学院メディア情報学科ゲーム開発コース(現 ゲーム開発学科)卒業。
元(株)カプコン,(株)サイバーコネクトツー勤務。「ゲーム設計」「プロジェクト演習」などを担当。

“ゲーム制作の面白さ”をとことん教えます!

皆さん,ゲームをプレイするのは楽しいですよね!ゲームを作るのはもっと楽しいですよ!ゲーム制作会社の仕事にはプランナー,プログラマ,デザイナーの3つの分野があり,全員が1つのチームとなってゲームを作り上げます。KCGでは,それら3つの分野の勉強ができるだけでなく,実際にチームを組んで作品制作も経験します。

私はKCGでゲームを学び,いくつかのゲーム制作会社を経て,カプコンに入社しました。海外のメンバーも含め数百人が携わるプロジェクトに参加したこともあります。さまざまなジャンルのゲーム作りを経験する中で,とりわけ自分が好きなアクションゲームを作る時には,時間を忘れ没頭しました。皆さんもKCGで一緒に学んで,作って,プレイして,ゲームを存分に楽しみましょう!

カプコン勤務時代,「モンスターハンターポータブル3rd」「バイオハザード」にスタッフやディレクターとして携わっていた髙橋先生。持っているゲーム機器は100台で,「ソフトのイメージに合わせたい」との思いから同じ機器でも色違いをズラリと揃えています。所有するソフトの数は,レトロゲームから最新のゲームまであわせてなんと6500本。ゲームに対するこだわりは想像を超えています。

先輩のメッセージ

保田さん

株式会社トーセ/ゲームプランナー
ゲーム学科 京都府立園部高等学校

高校卒業後は大学に進学するか専門学校で学ぶか迷ったのですが,将来は自分の好きなゲーム関連の仕事をしたいとの思いが勝り,地元にあって通学に便利で,就職率が高いKCGに入学することにしました。高度専門士の称号に魅力を感じたので,4年課程を選びました。入学して間もない頃は,それまで全く経験がなかったプログラミングが難しくて苦労しましたが,先生が丁寧に指導してくださったので,楽しみに変わっていきました。

私の学生生活に大きな影響をもたらしたのは,同じゲーム学科の先輩の存在です。2つ年上で,いつも優しくアドバイスしてくださり,ゲームサークルやオープンキャンパス学生スタッフへの参加などにも背中を押してくださいました。今でも交流を続けている尊敬する先輩です。OCスタッフでは4年時,リーダーを任されました。人前に立つことが苦手だった私を変えてくれましたね。京都に本社があるゲームの企画,制作,販売までをトータルに請け負う会社に就職内定しました。仕事を早く覚え,多くの経験を積み,アクションやアドベンチャーゲーム制作のリーダー役として活躍することが目標です。

デジタルゲーム学系 1年次春学期の典型的な履修例

 
1   プレゼンテーション入門 C++実習1 プロジェクト演習1 コミュニケーション技法1
2   ゲーム設計1 C++実習1 プロジェクト演習1 特別講義1
3 ドローイング演習1 計算機システム概論1 英語1 アルゴリズム1 歴史学
4 ドローイング演習1 計算機システム概論1 IT活用技法1 アルゴリズム1  
5          
資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう