京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

場所やツールにとらわれないKCGの本格教育

school_info

KCGでは,日本の教育機関としてはいち早く,最新のeラーニングシステムを導入し,各校舎と結んでオンライン授業・講義を実施してきました。現在は①教室内における従来の『対面授業』 ②オンライン会議ツールやeラーニングシステムを活用した『リアルタイムオンライン授業(同期)』 と『オンデマンド授業(非同期)』③担当教員が教室もしくは遠隔で授業を行いつつ,学生は教室あるいは自宅などの教室以外の希望する受講場所を選択することができる『ハイブリッド授業』の3つの形態を採用し,学生が場所やツールにとらわれることなく授業が受けられる態勢を確立しています。

新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念される中にあ っては,その対策に万全を期すため,登校希望が多数でソ ーシャルディスタンスが保てない場合には教室調整を行うなどの対応をとっています。今後も国内感染状況やワクチン接種の広がりなど社会状況の推移を注視しながら,適切な授業方式を実行していきます。

選べる3つの授業形態

対面授業

リアルタイムオンライン授業

ハイブリッド授業

米国ではインターネットが普及し,オンラインの通信教育が登場した1990年代半ば以降,eラーニングと対面授業の教育効果の差異について多くの調査・研究がなされています。高いモチベーションを有する学習者にとっては,オンラインか対面かの違いはコミュニケーション手段の違いに過ぎず,教育効果は変わらないという研究結果が出ています。 本学教授の長谷川亘は,教育学分野の世界最高峰である米国のコロンビア大学留学時,800人の学生を対象にしたeラーニング学科新設を検討するプロジェクトチームの数少ない一員に選ばれるなど,eラーニング実施に関する高度な研究に参加した経験を有しております。KCGの教育はオンライン・対面を問わず,そうした世界最高度・最先端の教育理論に基づき設計・運営されています。

KCGは,オンライン授業に関する最先端の知見と長年の実績を有しており,また,それらの授業は従来の対面授業と同等の効果が得られるよう工夫されています。これまでも,そしてこれからも,各種感染症のパンデミックのような状況下でも,学生は,自分の希望する授業形態を選んで,安全・安心に,しっかり学習を深めることができます。

通信制課程

設置構想中

2021年3月現在

資料請求

オープンキャンパス

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう