専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立53年の伝統と実績に支えられ就職率96.6%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
career
オープンキャンパスのご案内

トップ » 就職・資格・進路 » 資格 » 資格取得サポート
資格取得サポート

KCGの強力なバックアップ体制

KCGの専門科目は,どれもが資格試験に直結しています。個々の学生のニーズに柔軟に対応する科目選択制を採用しているので,自分の目標とする資格に合わせた時間割で,効率よく学習することが可能です。

また,KCGには有資格教員が多数そろっており,分からない問題などがあれば,いつでも気軽に質問することができます。eラーニングシステムを利用して,資格試験対策用の教材コンテンツを自宅などで視聴することも可能です。

情報処理技術者試験対策講座

KCGでは,「ITパスポート試験」および「基本情報技術者試験」の早期合格を目指す対策講座を開講しています。これらの講座は,これまで多くの合格者を輩出してきた伝統と教育ノウハウに基づく,KCG独自のメソッドによるものです。

過去の出題傾向を徹底分析し,その傾向に沿った演習問題を数多く,反復して解くことにより,試験問題への対応力を向上させ,合格を目指します。通常の授業に加え,本講座を受講することで,早期の合格を勝ち取ることができます。「応用情報技術者試験」などの上位試験の対策講座も開講しています。また,毎朝9時から「朝学習」として試験対策トレーニングを行っています。

情報処理技術者試験 午前試験免除制度(基本情報技術者試験)

KCGでは,独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が認定する「基本情報技術者試験」の免除対象科目履修講座を開講しています。KCGで所定の講座を受講し,修了試験に合格すると,本試験の午前試験が免除されます。修了試験合格後は,午後試験に向けた学習に集中することができるため,効率的な試験準備が可能です。

※対象講座において修了認定されると,その後1年間にわたり,本試験の午前試験が免除されます。

免除の流れ

ベンダー資格対策

IT業界では,企業が自社製品に関する技術・知識の水準を認定する「ベンダー資格」も大きなアピールになります。KCGでは通常のカリキュラム以外に,こうしたベンダー資格取得のための特別講座も開講しています。

 KCGで目指せる主な資格

経済産業省認定 情報処理技術者試験 

情報処理技術者試験は,経済産業省が認定する国家試験です。対象となる知識・技能によって,下図のように12の区分に分けられ,図中で上の方に示された区分ほど高度とされています。自己の能力レベルを確認できるほか,企業が採用の際に資格の有無を選考基準とする場合もあり,情報技術スキルを客観的に評価する試験として,社会的に評価されています。

試験区分とレベル

情報処理技術者試験

ITパスポート試験

職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち,情報技術に携わる業務に就くか,担当業務に対して情報技術を活用していこうとする人を対象とする試験です。

基本情報技術者試験

高度IT人材となるために必要な情報技術全般に関する基本的な知識・技能をもち,実践的な活用能力を身につけた人を対象とする試験です。コンピュータ科学の基礎・さまざまなコンピュータ関連技術・セキュリティ・情報化と経営など,幅広い分野から出題されます。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し,脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する試験です。

応用情報技術者試験

高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち,高度IT人材としての方向性を確立した人を対象とする試験です。情報システムの設計・開発・運用や,情報技術を活用した経営戦略・情報戦略の立案に関する知識・技能が要求されます。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークは情報システムの基盤であり,ブロードバンド時代の到来とともに,情報システム全体におけるネットワーク技術の重要性が増しています。この試験は,ネットワークのスペシャリストとして,ネットワークシステムの企画・開発・運用・保守を行う人を対象としています。

データベーススペシャリスト試験

基幹業務の効率化と情報のより高度な活用を図る上で,データベースは重要な役割を果たします。この試験は,高品質なデータベースを構築・運用・管理するデータベース分野のスペシャリストを対象としています。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

この試験は,マイクロプロセッサやLSIなどを組み込んだエンベデッドシステム(組込みシステム)の設計・開発・運用を担当するスペシャリストを対象としています。ハードウェアとソフトウェア両面にわたる幅広い知識・経験・実践能力が要求されます。

情報セキュリティスペシャリスト試験

情報セキュリティ管理は,各組織における基本的な責任といえます。この試験は,セキュア(安定・安全)な情報システムを企画・開発・運用するセキュリティスペシャリストを対象としています。

ベンダー資格 

オラクル認定資格

日本オラクルがオラクル製品に関する技術者を認定する制度です。データベース管理者などを対象とする試験と,Javaのスキルレベルを証明する資格があります。

シスコ技術者認定

シスコシステムズ社が同社製品に関するIT分野の技術者を認定するシステムです。ネットワーク業界での認知度が高いCCNA(Cisco Certified Network Associate)など,複数の資格があります。

※【SAP認定ソリューションアーキテクト」についてはこちらをご覧ください。

マイクロソフト認定資格

マイクロソフト社の認定資格です。対象とする分野に応じて数種類の資格があり,主な資格として次のものがあげられます。

マイクロソフト製品全般に関する技術的知識を認定する,コンピュータや情報システム関連の技術者を対象とした資格

WindowsやOfficeといった,多くの企業で利用されているマイクロソフト製品の利用スキルを認定する資格

Office製品の正しい知識をもった,インストラクターを目指す人を対象とした資格

文部科学省後援 画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)主催の検定 

CGクリエイター検定

CGと映像制作に関する理解と,CG映像制作に知識を応用する能力を測ります。

Webデザイナー検定

Webサイトの企画・制作・運用に関する理解と,Webサイトのデザインに知識を応用する能力を測ります。

CGエンジニア検定

CGの技術に関する理解と,システムの開発に知識を応用する能力を測ります。

画像処理エンジニア検定

画像処理の技術に関する理解と,システムの開発に知識を応用する能力を測ります。

マルチメディア検定

マルチメディアを用いたネットワーク技術・コミュニケーション技術・プレゼンテーション技術についての理解と,ビジネスの場面で知識を応用する能力を測ります。

その他 

文部科学省後援 情報検定(J検)

情報検定(J検)は,ビジネスパーソンに必要なIT(ICT)スキルを評価する文部科学省が後援する検定試験です。次の3つの体系からなっています。

  1. 情報システム試験:プログラミングやシステム開発などの情報処理技術を総合的に評価します。
  2. 情報活用試験:情報・パソコンの利用者に求められる能力を総合的に評価します。
  3. 情報デザイン試験:情報の収集・分析力,構築・構成力,伝達・表現力などを総合的に評価します。

文部科学省後援 ディジタル技術検定

論理回路,電子計測,制御理論,ハードウェアなど,情報処理や制御システムに必要な「ディジタル技術」の知識を評価する検定試験です。1級・2級には「情報」と「制御」の2部門が設けられています。

日商PC検定試験

日本商工会議所が実施する検定試験です。ビジネス文書の作成,取り扱いを問う「文書作成」と,業務データの活用,取り扱いを問う「データ活用」,さらに「プレゼン資料作成」の3分野で構成されています。

日商簿記検定試験

日本商工会議所が実施する,簿記関連の基礎知識,実務,計算の能力を判定するための検定試験で,入門者向けの4級から企業における会計指導者向けの1級までの区分があります。

ドットコムマスター

NTTコミュニケーションズが実施している民間資格試験で,ビジネスで必要とされている実践的なインターネットスキルを問う検定です。初級ユーザを対象にした「ベーシック」から最上位の「ダブルスター」までの3つの区分に分かれています。