専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立53年の伝統と実績に支えられ就職率96.5%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
トップ » 学科一覧 » 国際的に活躍したい
国際情報処理科 IT分野で国際的に活躍する
国際的に活躍したい
情報処理科

ITの本場,アメリカの大学院で修士号を取得する!

ロチェスター工科大学(RIT)大学院修士課程留学コース

短期間で米国有名大学の修士号を取得。
国際派のIT技術者,ソフトウェア開発者になる!

ロチェスター工科大学(RIT)は,1829年に創立されたアメリカ流のプラグマティズムに基づく工学系名門大学です。全米でいち早く,1991年にIT学科を設置したことでも知られています。本コースでは,日本にいながらRIT大学院修士課程の科目を日本語で履修し,また英語での集中講義を受けることもできます。KCG入学後,1年半でRIT大学院に正規留学し,残りの科目をアメリカで学んで修士号取得を目指します。


RIT

コースのメリット

1 IT・ソフトウェア開発のマスター(修士)に

アメリカの名門大学,ロチェスター工科大学(RIT)大学院で,IT・ソフトウェア開発分野の修士号が取得できます。

2 修了単位の約半分を日本語で履修できる

RIT大学院修士課程の修了必要単位の約半分を日本語で履修できる画期的なプログラムです。英語の苦手な方でもスムーズに学習を進めることができます。

3 全米共通学力テストの受験が不要

KCGからRIT大学院へ進学する場合,KCGの専門科目,RIT単位互換専門科目,そしてTOEFLの成績を基に合否判定が行われます。GRE(Graduate Record Examination)などの全米共通学力テストの受験は不要です。

4 留学費用を大幅に軽減

KCGでの1年半の学習で修了必要単位の約半分を取得した後に渡米するので,最短期間,最少の留学費用で合理的にアメリカの修士号を取得できます。

RIT大学院修士課程留学コースの構成

本コースのカリキュラムは,コンピュータの初学者や英語の苦手な方でも無理なく学習を進め,留学準備ができるよう,以下のような構成となっています。

RIT大学院での学習に必要なコンピュータの基礎知識を学ぶ。

1年半のKCG在学期間中にコンピュータの知識やプログラミング,ネットワーク,マルチメディアなどの技術を基礎から学ぶので,IT・コンピュータの初学者でも,RIT大学院での学習に必要なレベルの基礎知識を無理なく修得できます。また,KCGの他学科で開講されている科目も選択科目として履修できます。

RIT大学院の専門科目を日本語で学ぶ。

RIT大学院修士課程の専門科目の一部が,RITが認定したKCGの日本人教員により開講されます。レベルの高い専門的な科目も日本語で受講できるので大変有利です。また,RIT教授陣による集中講義を日本で受講することも可能です。修士課程修了に必要な48単位のうち,24単位をKCGで取得できます。

RIT留学に必要な語学力を身につける。

アメリカの名門大学であるRITに留学するためには,一定レベル以上の英語力が必要となります。本コースではTOEFL対策科目や英会話の特別講座も開講されるので,RITでの講義に対応できる語学力を身につけられます。

コースの構成
国際ITコース

KCGは,世界各国にコンピュータ教育支援のネットワークを広げ,その一環として日本でコンピュータ技術を学ぶことを希望する多くの留学生や海外研修生を受け入れています。近年,日本企業の海外進出に伴い,アジア各地域をはじめ世界各地でITと日本語の分かる人材が求められています。KCGはそのニーズに応えるため,特に東南アジアからの留学生を対象とする国際ITコースを設置しました。国際ITコースの卒業生はITスキルと日本語の語学力をしっかりと身につけているため,母国に帰ってからの就職はもちろんのこと,日本企業へ就職する道も拓けています。また,就職以外にもKCGの各学科への転科や編入学,大学への編入学,そしてグループ校の京都情報大学院大学への進学など様々な将来の選択肢があります。

*対象:日本語能力試験N2(旧試験2級)合格,または日本語学校等で半年以上の日本語学習歴がある方

  • ITビジネス分野において必須とされる「データベース技術」「ネットワーク技術」「マルチメディア技術」をバランスよく学び,文書処理能力も身につけます。
  • 学生の日本語能力に応じてクラスを編成し,授業の進度を調整します。1年目には主として非漢字圏の留学生を対象に,専門学習に必要な日本語を強化すると同時に,ITを基礎から学びます。「技術日本語」などの日本語科目も開講し,コンピュータ技術の修得やビジネスに必要となる日本語能力を養成します。そして2年目には,幅広い選択科目群から自分の希望する科目を選択して,さらに高度なITスキルを身につけます。
  • 2年間のコース修了生には,文部科学省認可の「専門士」の称号が付与され,IT技術者として母国や日本で就職する道が拓けます。日本企業への就職希望者は,KCG就職進路担当スタッフによる就職指導を受けることができます。また,KCGの他の学科や大学への編入学,京都情報大学院大学への進学も可能です。
国際IT
日本語学校 京都日本語研修センター 進学準備コース [全日制1年※4月入学] [全日制1年半 ※10月入学]

KCGの留学生別科である「京都日本語研修センター(KJLTC:Kyoto Japanese Language Training Center)」では,日本の高等教育機関へ進学するための日本語教育を行います。KJLTCは法務大臣告示日本語教育機関です。

本コースは文部科学省指定の「準備教育課程」(国内24校,海外2校のみ)です。本国での教育年数が12年に満たない方であっても,本コースを修了することにより,KCG本科をはじめ,日本の高等教育機関への入学資格が得られます。

KCG本科への準備教育として,ワープロ・表計算などのアプリケーションソフト操作実習(IT基礎)を必修科目としています。取得した単位は進学後に本科の単位として認定・加算されます。

一定の日本語能力が認められた学生は,本コースに在籍しながら,KCG本科のコンピュータ専門科目を聴講することができます。

本コース修了後,KCG本科に進学する学生は,入学金・学費減免の対象となります。

  • 日本語関連の科目については,入学時のテストおよび各学期末の成績によってレベル別にクラスを編成します。
  • 7月または12月に日本語能力試験のN2またはN1を受験するよう指導します。また,「日本留学試験」にも対応します。