@INHERIT
専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
event
オープンキャンパスのご案内

トップ » イベント案内 » ワークショップ » 天文好き集まれ!
天文系ワークショップ

天文学の研究者が集まって,コンピュータの勉強会からスタートしたのが京都コンピュータ学院(KCG)です。KCGには,京都大学大学院理学研究科(宇宙物理学教室)出身の教員が多数います。

今回は京都大学大学院理学研究科附属天文台長 柴田一成教授に講演していただきました。

宇宙のことや天文学とコンピュータとの関係についてもっと知ろう!

講座 「2009年の皆既日食と太陽活動」
ダイヤモンドリング 日食
コロナ
写真:国立天文台 提供

講師:
京都大学 大学院理学研究科附属天文台
台長 柴田一成教授

内容:
地球誕生以来すべての物に恵みを与え,2009年7月22日の皆既日食では全国民に話題を提供した太陽の活動が現在不活発です。

それが私たちの生活にどんな影響をおよぼすのか,太陽活動をコンピュータの力で予測していく姿を,太陽物理学の世界的権威である柴田教授にやさしく説明していただきました。

実習「実践! 天体画像処理 美しい天体画像を作成しよう。」
画像処理1画像処理2
国立天文台 提供
写真:国立天文台 提供

内容:
きらびやかな天体カラー画像ってどうやって作るんだろう?
プロの天文学者たちがコンピュータ上で実際に使用している画像解析ソフトで,子持ち銀河(M51)のカラー画像合成を体験しました。

天体観測「ハイテク望遠鏡で宇宙を観よう!」
(有)スターゲイズ 提供 国立天文台 提供

写真:(有)スターゲイズ 提供
写真:国立天文台 提供

内容:
天気が良ければ,天体観測も実施します。
GPS機能を搭載した最新ハイテク望遠鏡で冬の星空ウォッチングを楽しもう!
冬の大三角形(ベテルギウス,シリウス,プロキオン),プレアデス星団(M45),オリオン大星雲(M42),かに星雲(M1)球状星団(M79)などが見ごろです。

今回,悪天候のため天体観測は中止になりました。

日 時 2010年2月11日(木・祝)
会 場 京都コンピュータ学院 京都駅前校
柴田教授による講義です
太陽観測の講義です。
柴田先生と記念撮影。
画像処理の知識を学びます。
天体画像処理,上手にできるでしょうか。
完成したM51子持ち銀河の画像は印刷してお土産に。