専修学校 京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ専門学校です。創立54年の伝統と実績に支えられ就職率97.0%達成!京都駅前校は駅から徒歩7分で通学に便利。
入学相談窓口 0120-988-680
お問合せ hello@kcg.ac.jp
GAINAX制作のきょこたんTVCM放送
school_info
オープンキャンパスのご案内

トップ » 学校紹介 » 教育の特色 » プロジェクト演習
実践的な演習で技術力と就職力を同時にUP
プロジェクト演習で総合力をつける

プロジェクト演習で総合力をつける

技術力と就職力を同時にUP! ゼミナール形式のプロジェクト演習

各科目で学んだ技術・知識を互いに関連付け,応用し,活用できる総合力をつけるために,各年次で「プロジェクト演習」を行います。

プロジェクト演習では,与えられた課題をこなすのではなく,グループで目標設定から企画,設計,作品制作,プレゼンテーションまでを行い,大規模で質の高い作品を作り上げていきます。就職活動の際には,プロジェクト演習で制作した高度な作品を示すことで,技術力を強くアピールできます。

実社会で活躍するためには技術力だけでなく,チームワーク,リーダーシップ,コミュニケーション能力,スケジュール管理能力,プレゼンテーション能力なども必要です。プロジェクト演習では,グループワークを繰り返し経験することで,これらの能力が自然に身につきます。また,履修年次に応じて,初歩的なものから高度なものまで段階的にテーマを設定して取り組むため,卒業年次には総合的な実践力が身についたことが実感できます。

卒業年次のプロジェクト演習では,それまでの学習の集大成として,卒業研究を行います。優秀な作品は,毎年2月に開催される「KCG AWARDS―学生作品発表会―」で発表し,表彰されます。

各種コンテストで学生作品が続々入賞!

学生作品
KCG AWARDS 2017 学生作品発表会

KCGでは毎年,学業の集大成である卒業年次のプロジェクト演習などの成果を発表する「KCG AWARDS 学生作品発表会」を開催しています。学生作品の中から優秀作品を選出し,公開プレゼンテーションを行って最優秀賞を決定するイベントです。

すぐに製品化できるレベルに達している作品も多く,産業界・学界関係者から高い評価を得ています。

卒業生が最先端─。KCG AWARDSは,まさにこの言葉を証明する催しです。

最優秀賞

「O.D.」
ゲーム学科
西村 知記,川並 ひでき,佐藤 圭介,
小野 隆太,大内 友香理

狂気に包まれた精神世界からの脱出を目指す,一人称視点の探索ホラーゲーム。精神世界を徘徊する血まみれの女,形を変えていくマップの構造,頭を悩ませる謎解き要素など,さまざまなものがプレイヤーを追い詰めていく。プレイヤーは精神状態,つまりはマップの状態を自在に変化させる「リフレインシステム」を駆使して,この恐怖の世界から抜け出そう。

od

最優秀賞「O.D.」のメンバー

優秀賞

「れしぴっぴ」
情報科学科
山中 爽史,片岡 紘太朗,浦 拓也

れしぴっぴは普段の料理をより身近に感じさせてくれます。作りたい料理や,指定した材料を使った料理,それらをLINE上で話しかけることで,れしぴっぴは応えてくれます。
今日から料理を始めてみませんか?

優秀賞

「HFB-Ⅱの開発」
情報工学科
浅田 健也,米嶋 亮祐,北村 勝俊

HFB-Ⅱは室内で気軽に野菜の育成を楽しむことができる自動水耕栽培システムです。マイコンがポンプで水を自動循環させ,電球で室温を一定にコントロールします。また,育成室の環境をセンサーで測定してデータやカメラの映像をサーバに送信し,Web上で栽培状況をモニターすることができます。

優秀賞

「Face Checker」
情報工学科
近藤 謙介,秦 悠輔,溝口 晃平,二股 駿介,野々口 諒

目の前にいる人の顔を自動で識別して,その人についての情報を表示できるメガネ型のウェアラブルデバイスです。メガネに付いているカメラの画像をサーバに送信後,登録済みの顔画像と比較して誰の顔かを識別します。また,ディスプレイは半透明にして,視界を遮らず文字が浮かび上がって見えるようにしました。

優秀賞

「HalfMoon」
情報科学科
宇野 嵐

RailsのようなMVC構造は欲しいが,Railsほどの機能はいらないという人向けの軽量〜中量Webアプリケーションフレームワークです。
MVC構造を採用したWebアプリを作成する上で特によく使用するものしか生成しないため,どこを編集すればいいかが分かりやすいことや,最低限の機能に収めているため学習コストが低く,高速で動作することが特徴です。

kcgi

京都情報大学院大学

夜勤の老人ホーム職員支援ロボットの開発
応用情報技術研究科ウェブビジネス技術専攻
大𣘺 悠記

夜勤帯の老人ホーム内の廊下を巡回し,深夜徘徊やトイレに行こうとしていた入所高齢者が倒れているなどの異状を発見した場合,アラームを鳴らして職員に連絡する巡回レゴロボット“イーグル113”のシステムを開発しました。

KCG AWARDSの審査・講評は,大手企業などからお迎えした審査員が担当します。
審査員
  • 日本写真印刷株式会社 上席執行役員 最高情報責任者
    青山 美民氏
  • LPI-Japan 理事長
    成井 弦氏
  • 日本ユニシス株式会社 総合技術研究所 研究員
    坂本 啓法氏
  • 日本アイ・ビー・エム・サービス株式会社 インダストリー・ソリューション・サービス事業部 部長
    寺田 昌平氏
  • 株式会社クラウドクリエイティブスタジオ 社長
    秦泉寺 章夫氏

KCG AWARDS―学生作品発表会―
http://kcg.edu/awards/

awards 2017