0120-988-680[ 入学相談窓口 ]

株式会社タストα 内定 宮下さん

career

ゲーム学科

宮下さん京都府立京都すばる高等学校出身

株式会社タストα

ゲームプログラマ
内定者インタビュー ゲーム学科 豊田さん

楽しく仕事ができる環境,
「すごいプログラマ」目指す!

株式会社タストα

家庭用&モバイル用ゲームやアプリ開発,プログラム,テクニカルデザイン,企画,立案を行う。2019年設立の若い企業。本社は東京都千代田区。
https://www.tastoalpha.com/

内定先企業と,志望理由を教えてください!

「足して∔生み出すゲーム開発」をモットーに,「心を込めて,心に刺さる作品をつくります」とうたう,設立したばかりの会社で,代表取締役は現役のゲームプログラマです。面談で,開発者も楽しく仕事ができるようにプレッシャーを感じさせない環境をつくっていると伺い,その考え方に共感しました。また,内定先は新型コロナウイルスと関係なくフルリモートワークで,本社は東京ですが,実家のある京都から引っ越す必要がありません。一人暮らしに自信がないので,この点も魅力的でした。

採用職種と,就職活動について教えてください!

ゲームプログラマで採用されます。もともと京都コンピュータ学院(KCG)でゲームプログラマとしてゲーム開発をしているので,入社後もすぐに戦力となれるよう,これからも続けて勉強していこうと思っています。将来は,業界で「タストαという会社には,すごいプログラマがいるんだ」と言われるようになりたいという夢があります。

就職活動はいかがでしたか?

一言でいって緊張,プレッシャーがありました。面接がちょっと苦手で,しんどかったのですが,予想される質問への対策ができていないのがその原因と分かったので,想定質問と自分が言いたいことを紙に書いて壁に貼り練習し,うまく話せるようになりました。このやり方が,自分にとっての成功の秘訣だったと今,思います。内定が得られたときは,本当に喜びました。

KCG進学のきっかけは?

オープンキャンパスでの体験授業終了後に,ゲームプログラマについての話やカリキュラムの説明があり,1年生はプログラム言語など基礎を徹底的に学んで,その後それを応用してゲーム開発を行うと説明され,共感しました。高校(情報科学科)で基礎を学ぶ大切さを知っていたので,それをしっかり言うKCGは自分に一番合っていると思いました。中学生の頃からKCGにゲームを学ぶ学科があると聞いていて,高校生でオープンキャンパスに参加しのめり込みました。ほかの大学などは視野に入っていませんでした。

KCGでの学びはどうでしたか? 学外活動も含めて,ぜひ教えてください!

勉強も学外活動も「楽しい」の一言に尽きますね。楽しい分,忙しかったり苦労したりするところはありましたが,自分が学外のイベントに参加することによって知識が増えたりノウハウも得られるという自覚がありましたので,やっていて損はないということばかりでした。授業ではアルゴリズムが役立っています。プログラマの基礎の基礎だと思います。アルゴリズムの勉強は就職試験でも役に立ちました。

後輩へのメッセージ

1年生からやることが多いので,苦労することもあると思いますが,いろんなイベントに参加しつつ勉強してください。自分のために勉強するという考え方を持ってほしいですね。イベントなどもプラスになるはずなので積極的に参加して自分の力をどんどん高めるべきだと思います。

内定者一覧へ戻る

資料請求

オープンキャンパス

資料請求

オープンキャンパス

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう