0120-988-680[ 入学相談窓口 ]

株式会社メトロ 内定 荒木さん

career

ゲーム開発基礎科

荒木さん同志社大学 経済学部出身

株式会社メトロ

ゲームプランナー
内定者インタビュー ゲーム開発基礎科 荒木さん

大卒・就職後,ゼロからの学びを決断。
ゲーム開発者の夢実現へ

株式会社メトロ

業務用・家庭用ゲームソフト,スマートフォンアプリの企画開発及び周辺機器の企画開発,製造販売,遊技機の映像企画開発,ショッピングセンターにおける娯楽施設の運営などを手掛ける。本社は⼤阪市淀川区。東京本部,ロケーション事業部(愛知県あま市)も設置。
https://www.metro-japan.com/

内定先企業と,志望理由を教えてください

内定をいただいたのはアーケード,スマホ,家庭用機器などあらゆるジャンルで人気タイトルを開発している会社で,代表作にはポケットモンスター「スカーレット」「バイオレット」,「プロジェクトセカイ」などがあります。世界中の人たちを笑顔にできるゲームを作りたいという自分の夢を実現できる場所だと感じています。

採用職種と,就職活動について教えてください

ゲームプランナーとして,2年間という限られた時間ではありましたがKCGでみっちり学んだ知識や技術を存分に発揮するつもりです。就職に向けては大手企業のインターンシップ参加などを通じ,業界の先輩方からたくさんのアドバイスをいただくなどして準備しました。面接では自分の武器である「行動力」と「リーダーシップ」をアピール。解散の危機にあった大学のサークル・クイズ研究会をリーダーとして立て直し,学生最大のイベントで決勝に残るまでにできたことを面接で自慢を込めて話しました。

入社後の抱負と将来の希望をお願いします

就職が実現し,自分の夢をかなえるためのスタート地点に立つことができたといえるでしょう。チャレンジ精神をむき出しにして頑張るつもりです。会社に貢献し,大きなプロジェクトにも参加したいですね。ゆくゆくはディレクターとして活躍できたらと思っています。

KCG進学のきっかけは?

大学を卒業してIT企業に1年ほど勤務しましたが,子どものころからのゲーム開発者になるという夢がどうしても捨てきれず,悩みに悩んだ末,会社のプロジェクトが一段落した時点でゲームについてゼロから学ぶことを決断しました。自分の選択に理解を示してくれた両親からは「歴史があり,実績がある」とKCGを勧められ,年齢的,経済的理由で2年課程学科に進むことにしました。

KCGでの学びはどうでしたか

ゲーム制作についてのノウハウを全く持ち合わせていないというビハインドがあり,しかも2年課程ということで正直大変でしたが,夢を実現するための勉強なので苦にはなりませんでした。企画力を高めるため映画,劇の観賞や,マンガ本,新聞購読などに時間を割き,ゲームイベントにも積極的に参加。先生方からの助力が大きく,自分なりに成長できたと思っています。

後輩へのメッセージ

私は2年課程でしたので時間があまりなく,とにかく行動あるのみといった感じでした。授業を受けただけで満足するのではなく,学外活動に参加していろんな人たちと交流し考え方を聞くのも学びにつながります。学生生活では,オンとオフの切り替えがうまくできるとよいですね。「よく学び,よく遊べ」という言葉がありますが,これを実践するのは相当難しいと経験上思っています。

内定者一覧へ戻る

資料請求

オープンキャンパス

資料請求

オープンキャンパス

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう