0120-988-680
[入学相談窓口]

就職サポート制度

就職・資格・進路

KCGビジネスインターンシップ制度

インターンシップとは,学生が企業に赴き,一定期間,自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験をする制度です。企業での実習を通して,学生は自らの将来の仕事に対する具体的なイメージを持つことができます。KCGでは,企業と連携して独自のプログラムでインターンシップを実施しています。

受け入れ先企業
学生が就業体験を行う企業は,IT・コンピュータ関連の優良企業をはじめ,ゲーム制作会社,広告デザイン会社,映画・TV番組制作会社,印刷会社など,さまざまな業種の企業です。
就業体験内容
実習のテーマや内容は,受け入れ先企業とKCGが事前に十分相談・検討して決定します。実習内容の詳細なプログラムは,受け入れ先企業で決定されます。インターンシップ期間中,学生は企業の一員として実際に業務に携わります。

これまでに以下のような就業体験が行われました。

インターンシップの流れ

STEP1

参加希望者に対して面接を行い,志望動機や将来の希望などを確認します。

STEP2

事前ガイダンスとして,模擬演習を含むビジネスマナー講習などを行います。

STEP3

学生が各企業に赴き,実習を行います。(2月~3月,8月~9月)

STEP4

就業体験を通じて学んだことや,自分の将来にどう活かすかなど報告会で成果発表を行います。

インターンシップ参加者の声

1年生から参加可能。プロの指導で憧れの仕事を体験。

大西 友香さん

アート・デザイン基礎科 福井県立敦賀高校出身

就職活動も自信を持って挑戦できました

学内にて実施された企業説明会でお話を聞いたことをきっかけに,Webや広告デザインを行っている企業のインターンシップに参加しました。インターンシップでは画像加工やバナー作成などのデザイン業務を行い,Webのプログラミングにも興味があることを伝えたところ,公開済みWebサイトの追加ページ作成を担当させていただくことができました。インターンシップ参加までは,アピールポイントを明確にできず,就職活動にも自信が持てずにいました。参加後は,得意なことと苦手なことが分かり,企業の方からいただいたアドバイスをもとにより意欲的に勉強に取り組めるようになり,その後の就職活動も自信を持って挑戦できました。入学後,就職活動に向けて何をしたらいいか迷うことがあれば,まずインターンシップに参加して,自分をよく知る機会にしていただきたいです。

伊東 大輔さん

経営情報学科 京都府立京都八幡高校出身

将来の進路を明確にできました

目指していたシステムエンジニア(SE)が,現場でどのような仕事を行っているのか,自分の技術がどの程度通用するのかを知りたいと思い,企業向けシステム開発を行っている企業のインターンシップに参加しました。インターンシップではアプリケーション開発やデータベースに関連したプログラミングを経験しました。現場にはKCG卒業生の先輩がいましたので,緊張せずに楽しみながら仕事を行うことができました。参加したことで,より学ぶべき技術について分かり,将来の進路を明確にできました。就職活動においても,インターンシップに参加したことをアピールしたところ,企業からの反応がとてもよかったです。自分の技術力を確かめたい人はもちろんですが,卒業に必要な単位認定を受けられるインターンシップもありますので,一度は参加するようにしてみてください。

後藤 良太さん

ゲーム学科 滋賀県立水口高校出身

不安に思っても,積極的に参加してみて

参加するには技術が足りていないのではないかという不安がありましたが,それ以上に制作現場を実際に見ながら学びたいという気持ちが強く,ゲーム開発を行っている複数企業のインターンシップに参加しました。インターンシップではスマートフォン向けのゲームアプリ開発を行いました。社員の方と同じプロジェクトに入ったり,細かなスケジュール調整を行ってゲームを完成させたりと貴重な経験ができました。参加後は書いたプログラムに対してクリエイターからいただいたアドバイスや,現場で使用されていたツールを作品制作に積極的に取り入れています。就職活動の面接では,インターンシップ参加経験を質問されることがあり,しっかりとアピールすることができました。自分が参加しても大丈夫かなと不安に思ってしまうことがあると思いますが,積極的に参加してみてください。

KCG就職サポート制度

KCGには,満足できる就職に学生を導くためのサポート制度が整っています。

W担任制による個別指導

W担任制

徹底した個別指導で理想の就職を実現。

クラス担任と進路担任(アドバイザー)の2名が,異なる視点から一人ひとりの学生のサポートを行うKCG独自の制度です。それぞれの学生の個性を把握し,産業界の最新動向や求人情報などに基づいて,適切な個別指導を行います。

ITを活用した就職活動支援

求人情報検索システム

豊富な求人情報にいつでもどこでもアクセス。

KCGには年間を通じて多くの求人が寄せられます。求人情報は,Webに随時アップされるので,自宅から確認することも可能です。

Web上の就職支援システム

就職活動に必要な情報はすべてWebにアップ。

求人情報以外にも多くの就職関連情報がWeb上の専用ページにアップされています。企業説明会の日程など,就職活動に必要な情報をいつでも閲覧できます。他にもアルバイト求人情報や進学情報,インターンシップに関する情報など,さまざまな情報がアップされています。

就職活動は,早期スタートが肝心です。

キャリア形成

履歴書の書き方,面接試験の受け方など,就職活動のすべてをサポート。

卒業年次前年の春学期と秋学期のカリキュラムに,履修科目として配置されています。

就職・進路ガイダンス

進路選択・就職のためのガイダンスの他,企業の人事担当者やOB・OGを招いての講演などを開催。

年間を通じて開催される,就職・進路ガイダンス。いざ就職活動となっても何をしていいのか分からないという不安は,このガイダンスで解消できます。自己分析・履歴書の書き方・面接試験の受け方など,必要な事項を順序立てて指導していきます。また,卒業生の就職活動体験談を聞く機会も設けています。

模擬面接で,身だしなみや言葉遣いなど細かい点までチェック

学内企業説明会

KCGの学生のみを対象とした企業説明会で就職内定。

学内企業説明会は,コンピュータ関連会社をはじめさまざまな企業の人事担当者や学院OB・OGがKCGを訪れ,KCGの学生のみを対象とした会社説明会・採用試験を学内で実施するものです。毎年,多数の優良企業が参加し,多くの学生がこの学内企業説明会・採用試験で内定を勝ち取っています。また,学校推薦で応募できる企業も多数あります。

多くの企業が参加する学内企業説明会

就職指導スケジュール

学内企業説明会はKCGの学生のみを対象としています

作品制作についてきめ細かく指導します

KCGキャリアセンタースタッフ

髙橋豊 先生

キャリアセンター長

ミスマッチが生じないように,100%納得できるまで就職活動を繰り返しサポートします。

我が国において現在進行しつつある第4次産業革命,さらには世界に先駆けて実現を目指そうとしているSociety 5.0 を実現するためには,従来から求められてきた課題解決型のIT人材に加えて,今後は価値創造型のIT人材もその重要性が高まります。その結果,経済産業省の予測では,経済が順調に発展すれば,オリンピックが開催される2020年には36.9万人,2030年には78.9万人のIT人材不足が見込まれています。

さらには20世紀末からの急速なインターネットの利活用の拡大で, IT技術者が求められる業種は,従来型の情報システム産業に加えて,より一層広範に亘り,自動車などの製造,金融・保険,運輸・輸送,電子商取引,広告,娯楽など,我が国の 経済活動の大部分に及んでいます。従ってIT人材が量的に大いに不足するだけではなく,質的にもより高度な職業人が求められようとしています。

55年の永きにわたり,ICT(情報通信技術)とコンピュータビジネス分野の新たなリーダーになる高度専門技術者を育成,輩出してきたKCGで学ぶ学生の皆さんへの期待は今後益々高まっていくことでしょう。

急速に進行する我が国の産業構造の変化に対応し,KCGキャリアセンターでは,優良企業の最新情報の調査と新たな求人企業開拓を行い,学生の皆さんへ情報提供をすると共に,個別面談を重視し,皆さんの希望,適性,修学内容に応じた指導・アドバイスを行っています。

またもうひとつの進路として,より高度な学力・技術力の修得やより広範な知の体系の涵養を目指して,4年制学科(高度専門士課程),さらには京都情報大学院大学(情報技術修士課程)への進学も可能であり,希望者が増えています。京都情報大学院大学ではアジア地域を始めとして多くの国々からの留学生が多数集まり,勉学だけではなく,今後益々重要性を増すグローバルな視点からの思考能力の育成が図れると期待します。

就職活動には色々な不安と悩みが伴います。どのような職種に向いているのか,どんな業種に将来性があるか,どのように志望会社を見つけるのか,どのように履歴書・応募書類を書けば良いのか,どのように面接に臨めば良いのか,これらを一歩一歩解決できるように,KCGキャリアセンターは,就職・進路ガイダンス,学内企業説明会,企業インターンシップなどを入学時からきめ細かく行います。さらには個別面談を通して徹底して皆さんの希望・適性と就職先のベストマッチングができるように,お手伝いをします。皆さんの相談を受けながら,最適な進路選択を一緒に考えて行く,これがKCGキャリアセンターの基本姿勢です。

中川由美 先生

Office of Student Services 部長
キャリアコンサルタント
CDA(Career Development Adviser)
専修学校教育振興キャリア・サポータ

ITの技術・知識を活かす進路の選択肢はたくさんあります。

皆さんの中には,「こういう仕事に就きたい」と希望がはっきりしている人もいると思いますが,まだ漠然としている人も多いかもしれません。IT関係の職業は多様ですし,それ以外の職業でも修得したITスキルを活かす道はたくさんあります。

KCGでしっかり勉強して専門的な技術・知識を身につけながら,同時に,自分の将来や進路選択について考えていってください。皆さんが就職活動の時期を迎えたとき,自分が進みたい道がはっきりしていること,就職に対する意志が明確なことが最も重要です。そして,その仕事で求められるスキルをしっかり身につけておけば,有利な就職活動ができるはずです。

仕事では,専門的な技術・知識と,それ以上に「ヒューマンスキル」といわれるものが求められます。自分の希望を実現するために,KCGでの学業と学生生活を通して,社会で活躍するためのスキルを身につけられるように,がんばってください。

最近は進路選択も多様化し,大学院進学や大学編入学を希望する人も増えています。KCGキャリアセンターでは,皆さんが自分の資質や身につけたスキルを活かして,自分に合った進路選択ができるようサポートしていきます。就職・進学いずれを選択するにせよ,気軽にKCGキャリアセンターを利用してください。

資料請求 入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします オープンキャンパス オープンキャンパスでKCGを体験しよう