0120-988-680
[入学相談窓口]

IT声優コース

学科一覧

情報処理科

IT声優コース

全日制2年

IT声優コースでは,発声法,演技実習,ナレーションやMC実習などに加え,音声データの再生・録音・加工といったデジタルサウンドに関する知識を身につ けます。

コンピュータ技術を駆使する声優を目指す

「シルク・ドゥ・ソレイユ」のメインボーカリスト ニッツァ・メラス先生の授業風景

ITは社会生活の隅々まで行き渡り,人々の仕事の仕方も変わりつつあります。声優という仕事を考えてみましょう。声優を目指すには,発声法と演技,そして日本語の読解の練習が必要です。しかし,現在は,音声がデジタル化され,加工されるのが当たり前です。初音ミクに代表されるボーカロイドは声優の声がデジタル化され,コンピュータで加工されたとてもわかりやすい例です。

京都コンピュータ学院は,デジタル化された音声を処理することのできる人材を育成するため,情報処理科に「IT声優コース」を新設しました。発声法,演技実習,アクセント,文章読解の練習,ナレーション実習,アフレコ実習,MC実習などに加え,音楽や,音声の再生・録音・加工といった「デジタルサウンド系基礎科目」を設けています。

京都コンピュータ学院教授のニッツァ・メラス先生は,世界中で人気を集めるエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のメインボーカリストを務めています。ボーカリストのほか,CMやゲームキャラクターの吹き替えでも活躍されているニッツァ先生は,自らの活動の場でITが駆使されていることを紹介しながら発声法などを初心者にもわかりやすく丁寧に指導してくれます。

プロジェクト演習

IT声優コースの注目科目

発声・朗読基礎

声優とは,演技・ナレーション・朗読など,すべてを含んだ表現ができる仕事です。文字を声に乗せて,相手に届けるために,正しい品格ある日本語を身につけます。

演技実習

感情やイメージが,思い通りに表現できるように,発声・発音・表現テクニック・表現力を身につけます。

音声・音響入門

音声・音響のデジタル化やデジタル化されたデータの処理について理解することを目指します。音に関する物理現象,聴覚における心理・生理現象の基本的な知識について,図表などを用いながら学びます。

ナレーション実習

CM,ミニドラマ,ニュースなどの原稿を,さまざまな状況に合わせて適切な発声や語り口で語れることを目指します。また,ナレーションをスタジオで録音して確認する中で,音量や音質の調整等のスタジオ録音のノウハウも学びます。

アフレコ実習

アニメやゲームなどの映像素材に合わせて,音声や効果音等を重ねて録音する作業(アフレコ)を実践的に学びます。映像とマッチした感情の込め方や,独り語り/複数の掛け合いなどのさまざまな声の演技のパターンに挑戦します。

PV制作実習

声優としての魅力をアピールするためのプロモーションビデオ(PV)を制作します。ビデオ映像編集の基本を学びながら,ビデオを企画・演出し,自分の音声が活かせる映像作品を協力して作り上げます。

資料請求 入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします オープンキャンパス オープンキャンパスでKCGを体験しよう