京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

クラシックコンサート「ウィーンピアノ四重奏団演奏会」

event

クラシックコンサート「ウィーンピアノ四重奏団演奏会」

概要

日時
2019年11月21日(木) 16:30開場 17:00開演

プログラム

  • ブラームスピアノ四重奏曲 作品25 ト短調
  • ガブリエレ・プロイピアノ四重奏曲 ササキア カロンダ(大紫)

プロフィール

陽子・フォゥグ

ピアノ

東京生まれ。野田量子,豊増昇の両氏に師事,洗足学園高等学校及び同短期大学音楽科で石川洋子,小林仁ら諸氏の下でピアノを学ぶ。1968年にウィーン国立音楽大学に留学し,J・ディッヒラー教授に学び,同音大に在学中の1969年にウィーンのロンプロ・シュデバノフ・ピアノコンクールで第一位を獲得。1972年同音大を最優秀の成績で卒業,ヨーロッパ全土と日本で演奏活動を開始。1974年フランスのコルマールで行われた国際室内楽コンクールピアノ・トリオ部門で夫のヨァゲン・フォゥグと共に第一位を獲得した。陽子・フォゥグとヨァゲン・フォゥグは1985年にウィーン・フィルのメンバーと「ウィーン・ピアノ五重奏団」を結成し,日本へも20回を超える演奏旅行を行い,各地で大変好評となっており,毎年の日本公演を心待ちにしているファンも多い。1998年デンマークにてブラームスおよびモーツァルトの「ピアノ四重奏」をCDに録音,パラオ社から出版された。2000年の秋に京都相国寺法堂において,クラリネット奏者のペーター・シュミードル,チェロのヨァゲン・フォゥグと共にピアノ三重奏曲(ベートーヴェン,ブラームス)をCD収録。大きな反響を呼ぶ。また,ウィーン・ピアノ五重奏団として,カメラータトウキョウからCDがリリースされているが,フンメル,リース,ノヴァコフスキーのいずれも世界初録音が含まれ,大変好評であると共に,後世に残る作品を作っている。

ヨァゲン・フォゥグ

チェロ

コペンハーゲンに生まれる。1968年にデンマーク王立音楽院を優秀な成績で卒業。コペンハーゲンで,エアリング・ベングソン教授の下で学ぶ。その後イタリアのシエナでアンドレ・ナヴァラ教授のマスター・コースに参加の後,ウィーン国立音楽大学で,ウラディミール・オルロフ教授の下で研鑽を積む。1972年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のチェロ奏者となり,ヨーロッパ全土と日本で演奏活動を開始した。1974年フランスのコルマールで行われた国際室内楽コンクールピアノ・トリオ部門では夫人の浦田陽子と共に第一位を獲得した。これまでにザイフェルト弦楽四重奏団,ウィーン・弦楽ゾリスデンのメンバーとしても活躍し,ウィーン・ピアノ五重奏団の主宰者でもある。

ハラルド・クルンペック

ヴァイオリン

ウィーン生まれ。6歳からヴァイオリンを始める。1984年よりウィーン国立音楽大学にて,ミヒャエル・シュニッツラー及びゲルハルト・ヘッツェルの下で学ぶ。1986年USAイースタン音楽祭でヨーゼフ・ジンゴールドに師事。1994年ペルチャッハ室内コンクールピアノ・トリオ第一位。1994年ウィーン・フィル入団。室内楽奏者として,ウィーン・フィルハーモニア・アンサンブル,ザイフェルト弦楽四重奏団等と協演している。

ロバート・バウルエルスタッター

ヴィオラ

1971年リンツ生まれ。1990年ブルックナーコンセルヴァトリウム卒業後,ウィーン国立音楽大学にて,ジークフリート・ヒューリンガー,ペーター・オクセンホーファーの諸氏に師事。2000年最優秀で卒業。ウィーン・フィルハーモニア・アンサンブル,キュッヒル弦楽四重奏団等,多くのアンサンブルで室内楽奏者として協演。2001年ウィーン・フィル入団,2004年からヴィオラ首席奏者。近年,室内楽活動など幅広く活躍し,キュッヒルカルテットの第2ヴィオラ奏者としても賛助出演。カメラータトウキョウからリリースされたウィーン・ピアノ五重奏団CDのレギュラー奏者。

ガブリエレ・プロイ

作曲家

ガブリエレ・プロイは,オーストリアでもっとも定評のある現代作曲家の一人であり,2013年ウィーン市より音楽での功績により叙勲を受けた。彼女の作品はヨーロッパ,ベラルーシ,中国,イラン,日本,シンガポール,トルコ,ウクライナ,カナダ,南米,アメリカ,オーストラリアで演奏されている。2013年のヨーロッパ文化首都マルセイユ=プロヴァンス,2009年の日本オーストリア友好140周年,2005年の日・EU市民交流年に,オーストリア政府より委嘱を受ける。2013年ライプツィヒ市からの委嘱を受け,ヨーロッパ平和コンサートのために合唱曲「平和」"Frienden"を作曲した。
2019年11月には,日本オーストリア友好150周年を記念し,オーストリア外務省より委嘱された作品「大紫」"Sasakia charonda"が,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーらで構成されたウィーン・ピアノ四重奏団により初演される。
www.gabrieleproy.at

お申し込み・お問い合わせ

京都コンピュータ学院音楽会係

TEL : 075-762-2030(平日9:00〜17:00)
FAX : 075-761-0251
Email : 2019concert@kcg.ac.jp

※FAX,Emailの場合は,所属団体名・芳名・ご来場者数・ご連絡先をお知らせください。

※お申し込み多数の場合は先着順とさせていただきますので,お早めにお申し込みください。

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう