京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

天文好き集まれ!

event


関連する学系:コンピュータサイエンス学系

天文学の研究者が集まって,コンピュータの勉強会からスタートしたのが京都コンピュータ学院(KCG)です。KCGには,京都大学大学院理学研究科(宇宙物理学教室)出身の教員が多数います。

今回は,同研究室の教授で元KCG講師の太田耕司先生に講演していただきました。

宇宙のことや天文学とコンピュータとの関係についてもっと知ろう!

主な内容

01 講演「宇宙の果ての銀河の姿とは!?」

講師:京都大学 大学院理学研究科 宇宙物理学教室 太田耕司 教授

アンドロメダ銀河(M31)や子持ち銀河(M51)をご存じでしょうか?銀河というのは1000億もの星の大集団で,宇宙にはこういう銀河がたくさん存在しています。銀河も宇宙のはじめ頃に生まれ,成長しています。ハワイにある「すばる望遠鏡」等を使って,生まれたての銀河を探している太田教授に,現在の銀河の姿と宇宙の果ての生まれて間もない銀河の姿を紹介していただきました。

ハッブル・ディープ・フィールド

02 実践!天体画像処理 美しい天体画像を作成しよう。

講師:京都コンピュータ学院 天文同好会顧問 島尚徳

きれいな天体カラー画像ってどうやって作るんだろう?プロの天文学者がコンピュータ上で実際に使用している画像解析ソフトで,M57(リング星雲)のカラー画像合成を体験していただきました。

M51 リング星雲

03 天体観測

終了後,晴天の場合,希望者のみ天体観測をします。GPS機能を搭載した最新ハイテク望遠鏡で,夏の星空ウォッチングを楽しもう!天の川や,夏の大三角形,美しい二重星アルビレオ,子持ち銀河(M51)などが見ごろです。

今回,悪天候のため天体観測は中止になりました。

天体観測
(有)スターゲイズ提供

日程

日時
2010年8月10日(火)
会場
京都コンピュータ学院 京都駅前校

当日の様子

太田耕司先生による講演です。
太田耕司先生による講演です。
終了後の質疑応答ではたくさんの質問が出ました。
終了後の質疑応答ではたくさんの質問が出ました。
天体画像処理の実習です。
天体画像処理の実習です。
画像処理ソフトの使い方を学びます。
画像処理ソフトの使い方を学びます。
上手に画像を合成できるでしょうか。
上手に画像を合成できるでしょうか。
完成した画像は印刷してお土産に。
完成した画像は印刷してお土産に。


資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう