京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

キリル・コシック

school_info

ハリウッドで活躍中の
VFXアーティスト

キリル・コシックKCGI准教授は,多くの大規模予算の劇映画やテレビシリーズ作品の制作に携わるという顕著な業績を持つ,ビジュアル効果スーパーバイザー/アーティストです。彼は,自身の経験とスキルを視覚効果や技術の分野に持ち込み,作品の価値や質を格段に高め,ソフトウェアとハードウェア両方の知識を活用して,20年以上にわたり,ハリウッドの有能なアーティストたちと一緒に仕事をし,ITの分野で必要とされる解決法を見出してきました。

キリル・コシックKCGI准教授にお話を伺いました。

キリル・コシックCyryl Koshyk

京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学准教授

メッセージ

新たにKCGグループの一員として,質の高いコンテンツの制作について学生たちに教えられることを大変誇りに思っています。高度なIT関連のプロジェクトや,ライブ・ショー,マルチメディア・プロジェクトを通して,ソフト・ハードの両面において,これまで私の得た知識や「創作の秘密」をすべて惜しみなく教えていきたいと思います。

キリル・コシック氏がCGを担当した作品(抜粋)

  • 300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃
  • 007スカイフォール
  • プロメテウス
  • キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

舞台芸術×MUΣAプロジェクト

【全学科対象】プロと学生が創り出すITエンターテインメントショー

現在,演劇・オペラ・ダンスパフォーマンスに至るまで,ITを使った斬新な演出が試みられています。KCGでは希望する全学科の学生を対象に「舞台芸術IT」に関する講義を準備し,関連業界で活躍する人材を育成しています。指導を担当するのは,『シルク・ドゥ・ソレイユ』メインボーカリストのニッツァ・メラス教授と,米国ハリウッドでアーティストとして活躍中のキリル・コシック准教授です。受講した学生たちは,その集大成として『MUΣA(ムーサ)』プロジェクトに参加し,コンサートを企画・演出・プロデュースして撮影,ビジュアル・エフェクトや合成ソフトを活用した映像制作などに取り組みます。

2014年10月,KCG京都駅前校大ホールで開催されたコンサート『MUΣA』ではプロジェクションマッピングの技法などを取り入れ,2016年1月開催の『MUΣA LIVE SHOW』では,映像をホール全体に映し出すダイナミックな演出で来場者を魅了しました。

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう