京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

KCGグループの徽章

school_info

KCGグループは,京都情報大学院大学,京都コンピュータ学院(洛北校,鴨川校,京都駅前校),京都自動車専門学校京都日本語研修センター株式会社KCGキャリアなどから構成されたグローバルな教育機関の集合体です。

本グループの徽章「kcg.edu」は,1995年に取得したインターネットのドメイン名(www.kcg.edu)に由来するものです。2003年,長谷川亘現統括理事長により選定されました。「kcg」とは,日本最初のコンピュータ教育機関「Kyoto Computer Gakuin(京都コンピュータ学院)」の頭文字であり,「.edu」は,gTLD(generic Top Level Domain:インターネットで使われるトップレベルドメインのうち,分野別トップレベルドメイン)の一つで,米国の認定機関から認められた高等教育機関のみが登録対象となっています。1985年4月,「.edu」のドメインに,米国のコロンビア大学,カーネギーメロン大学,パデュー大学,ライス大学,カリフォルニア大学バークレー校および同ロサンゼルス校の合わせて6つの高等教育機関が登録されました。そして,マサチューセッツ工科大学(MIT),ハーバード大学,スタンフォード大学など,米国を代表する他の名門大学が後に続きました。

KCGグループは1989年に,MITをはじめとする米国諸大学・研究機関との交流や学生の海外研修の拠点として,ボストン校を設置していました。そのため,米国のコンピュータ関係者や,インターネット黎明期からの先駆者たちから,信頼できるコンピュータの学校であり「.edu」を冠するにふさわしい高等教育機関と認められて,日本国内の教育機関としては第一番にこのドメイン「.edu」を取得することができました。その後,「.edu」は米国内の教育機関にしか付与されなくなったため,本学はこれまでもこれからも,国内で唯一「.edu」を冠する教育機関となりました。

「kcg.edu」というドメインを有することは,京都コンピュータ学院,京都情報大学院大学が米国でも認められている高等教育機関であることの証とも言えるでしょう。その当時「.edu」ドメインを取得できたということは,本学の進取性を象徴する出来事でもありました。徽章としての「kcg.edu」には,高度情報化社会において,常に先駆性を重視する教育機関としての気概と,時代を切り拓いていく人々を育成する教育の理想が込められています。

KCGグループのカラー

KCGブルー(京都コンピュータ学院スクールカラー,KCGグループカラー)

KCG.edu

京都コンピュータ学院のスクールカラーおよびKCGグループのカラーであるブルーは,創立当初のメンバーが全員京都大学の大学院生,卒業生であったことから,京都大学のスクールカラーである濃青を基にして選定されました。1970年頃から使われ始めていましたが,創立35周年(1998年)を機に,色調を定義し,KCGブルーと称しています。

KCGレッド(京都情報大学院大学スクールカラー)

KCG.edu

KCGグループの創立者長谷川繁雄は,晩年,学校経営の傍らハーバード大学に遊学し,若き頃に叶わなかった学問に再度挑みました。ボストンにアパートを借り,若い学生と一緒に文学や哲学の授業を受講したのです。京都情報大学院大学のスクールカラーは,創立者が学んだハーバード大学のスクールカラーである臙脂色を基に,KCGブルーに対比する色調として,制定されました。これは,老若男女にかかわらず,常に新しいことにチャレンジし,謙虚に学ぶ姿勢を表現しています。

KCGグリーン(京都日本語研修センタースクールカラー)

KCG.edu

KCGグループの,海外からの留学生にとっての最初の入口,京都日本語研修センターは,法務大臣告示日本語教育機関であり,文部科学省より準備教育課程の指定を受けています。世界7大陸の緑の大地のイメージから,スクールカラーとして上記KCGブルーとKCGレッドに対比される色調の緑を制定しました。学び育っていく留学生たちの能力の成長を表しています。

KCGオレンジ(京都自動車専門学校スクールカラー)

KCG.edu

次世代の自動車技術に対応した高度なIT,ネットワークの技術・知識を備えた自動車整備士を育成します。京都自動車専門学校は2013年,KCGグループに仲間入りしました。スクールカラーはKCGグループに新たな活力を呼び込むことを表現しています。

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう