0120-988-680
[入学相談窓口]

教員からのメッセージ

school_info

寺下 陽一

京都コンピュータ学院京都駅前校校長

京都大学理学士。(米国)アイオワ大学大学院博士課程修了(物理天文学専攻),Ph.D.。金沢工業大学名誉教授。元国際協力事業団派遣専門家(情報工学)。元京都コンピュータ学院洛北校校長。京都情報大学院大学副学長。「データベース設計」などの科目を担当。

ITを志す,すべての人々に

21世紀に入って,情報技術(IT,Information Technology)は社会のあらゆる部分に浸透しています。以前は一部の専門家のみが必要としていた特殊技術であったものが,現在では,すべての年齢の人々,すべての職業の人々,そしてすべての地域の人々が多かれ少なかれ接触している技術となっています。特に,職業人として社会で活躍するには,ITは不可欠の知識となっています。あるいは,十分なITの知識を持つか持たないかが,活動の範囲の大小,活動のレベルの高低を決める重要な目安となっていると言ってもよいでしょう。

京都コンピュータ学院はITの総合学園です。「ITの理論からITの応用技術まで」,「ハードウェアからソフトウェアまで」,「技術としてのITから文化としてのITまで」,社会で必要とされるあらゆる分野のIT教育カリキュラムが用意されています。そしてそれらのカリキュラムを効果的に実施するために必要な,高レベルの教員と最新の実習設備が配備されています。

創立以来56年間の経験に裏打ちされた京都コンピュータ学院のIT教育は,他の大学等の追随を許さない豊富な内容を有するものです。洛北校,鴨川校,京都駅前校の三校と,さらに高度なIT技術者を目指す人のための「京都情報大学院大学」において,全国でも類を見ない総合的なIT教育が展開されています。また,最近の急速な教育の国際化に対応して,留学生のための「京都日本語研修センター」も設置しています。

京都コンピュータ学院はさまざまなバックグラウンドの人々を歓迎します。高度な技術を身につけたい人,ビジネスでの応用に興味を持つ人,アート・デザイン技術を追究したい人など,文系・理系を問わず何らかの形でITと関わりたい人々,ITと関わるであろう人々を受け入れています。また,現在の職業に飽き足らずキャリアチェンジやスキルアップに挑戦しようとする人,第二の人生をITで充実させようとする人など,あらゆる年齢の人々に門戸を開いています。

「開けゴマ」ではなく「開けIT」が現代の魔法です。京都コンピュータ学院でぜひ皆さんの夢を実現してください。

内藤 昭三

京都コンピュータ学院鴨川校校長

京都大学工学修士。元日本電信電話株式会社情報流通プラットフォーム研究所主任研究員。元電子情報通信学会インターネット研究会幹事。京都情報大学院大学教授。「情報セキュリティ」「プロジェクト演習」などの科目を担当。

ITを適正に使いこなす知識と人間性を養うために

情報技術の革新は目覚ましく,新しい製品やサービスが次々と生まれ,社会システムや生活スタイルも大きく変容しています。

ICTの進化は間違いなく今後も続きます。情報系のエンジニアは,そうした変化に即応し,常に学び続ける姿勢が必要です。変化に即応するとは,未知の問題に対応することを意味します。その際に大切なのは,情報技術を基礎からしっかり学ぶことです。確かな基礎があれば変化に対応できます。情報技術の基礎とは,ともすると理論的なものです。本学院では,理論的な科目も用意されていますので,厭わず積極的に学習に取り組んでください。

また言われた事だけをするのではなく,自ら課題を発見し,解決のプロセスを考え,「付加価値」をつけて実現していけるエンジニアであることが求められます。そうした創造性を身につけるためには教養が必須です。例えば,理系出身の方であれば,人文・社会科学系といった分野にも触れるなどして,広い視野を持つことが必要です。本学院のカリキュラムには,一般教育科目などを通じて,様々な分野に触れる機会もあります。

情報化の進展は,利便性が向上するなど多大なメリットを私たちにもたらしてくれる反面,様々なリスクも増大します。例えば2015年に開始されたマイナンバー制度について言えば,データベースの固有識別子となるものですから,国民生活を支える基盤としてうまく活用すれば,情報システムのシンプル化やビッグデータ活用など,導入によるメリットは大きいですが,その一方でセキュリティやプライバシー上のリスクも増加します。

こうした社会の変化にあわせて,情報系技術者の果たすべき社会的な役割は,ますます重要となって来ており,本学院で学ぶ学生の皆さんには,社会から大きな期待が寄せられています。

情報技術それ自体は善でも悪でもありません。即ちあくまでも価値中立的なものです。情報技術は使う人次第で技術の価値は変わり,善用も悪用も可能です。今や情報技術は社会の基盤を支える技術であり,情報技術を駆使するエンジニアが適切に技術を扱わなければ,社会に与える悪影響は計り知れないものとなります。

皆さんには,本学院において専門的な技術や知識に加えて,本学院での学業や,友人や教職員との交流など,学生生活の中でのさまざまな体験をしてください。そうした体験を通して,皆さんには,他人から信頼される人間性を身につけ,情報技術を適正に使いこなす心構えを本学院で養ってほしいと願っています。

様々なテーマについて,知的好奇心をもって,ともに議論し,ともに学びましょう。

木村 章弘

京都コンピュータ学院洛北校校長

京都工芸繊維大学工学修士。医療情報技士。テクニカルエンジニア(ネットワーク,情報セキュリティ)。京都情報大学院大学教授。「ネットワーク概論」「ネットワーク情報システム」「ネットワークスペシャリスト試験対策演習」「基本情報技術者試験対策演習」「医療情報システム概論」「アルゴリズム」などの科目を担当。

情報化社会における“真の情報のネットワーク”を目指して

情報のネットワーク化

情報は個々の人間の知的生産活動により創り出されるものです。さらに,情報は他者の情報と“つながる”ことで新しい情報を生み出すことができます。情報が“つながる”ということは“情報のネットワーク化”ということであり,言いかえれば情報を生み出す“人間のネットワーク化”を意味します。すなわち,人々はつながり,協働することで新たな知的生産活動の可能性を広げ,その結果として新しい情報,あるいはより価値のある情報が創り出されるのです。こうして,人間が扱う情報は,ますます緻密化・複雑化し,より大規模化しているため,これらの情報を効率よく蓄積し,容易にかつ効果的に活用できるような仕組みが一層必要となります。この仕組みを実現するにはICT(Information Communication Technology:情報通信技術)を利用した“情報のネットワーク化”が必要でしょう。

強靱で柔軟な情報のネットワーク

例えば,現代社会において私たちが生活するうえでのライフラインは,水道,電気,ガス,交通網と言われていますが,スマートフォン,IoT(Internet of Thing:すべての物をインターネットにつなぐ),ビッグデータに代表される情報化社会では”情報のネットワーク(情報通信網)”もライフラインとなってきています。災害の発生によりライフラインが停止することになれば不便な生活を強いられ,場合によっては私たちの生死をも左右することになります。一般的にライフラインは過去の災害とその規模をもとに,これ以上の規模の災害はないだろうという想定をして設計・構築されます。ところが,自然は時としてこの想定をはるかに超える災害をもたらします。大丈夫だと思っていたライフラインが災害により脆くも破壊されてしまいます。残念ながら現在の“情報のネットワーク(通信網システム)”も例外でなく,想定外の災害において十分に強靱でかつ柔軟であるとは言えません。

情報化社会における“真の情報のネットワーク”

ICTの発達によるコミュニケーションツールの普及により,私たちのライフスタイルやビジネススタイルは大きく変化しています。誰もが簡単にインターネットの膨大な情報にアクセスできるようになったことで,これらの膨大な情報から正しい情報を取捨選択し,分析・判断して情報発信・行動する能力を身に付けることが,より一層必要となっています。ICTによってもたらされる情報はスピーディでかつ膨大な量です。また,ICTは大規模災害時にも強靱で柔軟な“情報のネットワーク”を生み出す可能性を持っています。

ICTを学ぶことは,社会のインフラストラクチャ(基盤)を支える知識・技術を学ぶことであり,極めて意義深いことです。本学院でICTを学び,社会に貢献する“真の情報のネットワーク”を創り出すエンジニアを目指しませんか。

茨木 俊秀

京都情報大学院大学学長

京都大学大学院工学研究科修士課程修了(電子工学専攻),工学博士。元京都大学大学院情報学研究科長。京都大学名誉教授。イリノイ大学等客員研究員および客員教授。ACM,日本オペレーションズ・リサーチ学会,電子情報通信学会,情報処理学会,日本応用数理学会 以上5学会フェロー。

コンピュータと未来社会

現在の形のプログラム内蔵型コンピュータが最初に作られてからおよそ70年経ち,コンピュータはこの間に爆発的な進歩をみせました。皆さんが愛用しているパソコンやスマートフォン,それらからインターネットを通してつながっている世界は,毎日の生活に欠かせないものになっているはずです。一見コンピュータではないような洗濯機や冷蔵庫,テレビに自動車なども,その中を覗くと小さなコンピュータがたくさん入っていて活動しています。

コンピュータの世界では「ムーアの法則」が成立していると言われています。これは集積回路の複雑度(簡単に言えばコンピュータの能力)が約1.5年で2倍になるというものです。この成長の仕方は指数関数的と呼ばれるものですが,例えばこれから15年経ったとすると,2倍が10回だから20倍というのではなく,なんと2の10乗,つまり約1000倍になってしまうというものです。このような成長を70年間続けた結果,現在のコンピュータの能力は想像を絶するものになりました。例えば,世界中の書籍,絵画,写真,音楽などの文化情報を蓄えることができます。地球上のビジネスや社会活動のあらゆるデータを収集することができます。人間の脳を構成しているニューロンの数をはるかに凌駕する処理能力も獲得しました。しかし,このように巨大になった力を,我々の生活を豊かで幸せなものにするために十分利用できているかといえば,必ずしもそうではありません。コンピュータによる犯罪やコンピュータウイルスの蔓延など,負の要素も目立つようになりました。実際,大きくなりすぎた力をどう使ったものか,戸惑っているというのが正直なところでしょう。

情報化社会の未来は,若い皆さんのイマジネーションと努力にかかっています。瑞々しい感性と旺盛な好奇心を発揮して,新しい可能性を切り拓いていただきたいと思っています。今年で55周年を迎える京都コンピュータ学院はそのお手伝いをいたします。本学での勉強を終えさらに研鑽を積むことを希望される方には,京都情報大学院大学へ進学する道があります。私たちは,皆さんの多様な興味とニーズに応えることができます。共に勉強し考える機会を持てるよう,心からお待ちしています。

長谷川 亘

京都コンピュータ学院,京都自動車専門学校,京都情報大学院大学 統括理事長

京都コンピュータ学院白河校出身。早稲田大学文学士。(米国)コロンビア大学教育大学院修了(Master of ArtsおよびMaster of Education)。京都コンピュータ学院校友会会長。京都情報大学院大学教授。一般社団法人京都府情報産業協会会長。一般社団法人全国地域情報産業団体連合会(ANIA)会長。一般社団法人日本IT団体連盟代表理事・筆頭副会長。日本応用情報学会(NAIS)顧問理事。(中国)天津科技大学客員教授。韓国国土海洋部傘下公企業済州国際自由都市開発センター政策諮問委員。専門は教育行政・大学経営,テクノロジー援用教育。

本当の実力を身につけるために

本学は,1963年の創立以来,教育機関として人類の未来を展望しながら,社会生活,世界経済を大きく変革していくコンピュータと56年にもわたって関わってきました。常に進取の精神を持ち,学ぶ側中心の教育を行っています。そのような本学には毎年,卒業予定者に対して多くの企業から求人が寄せられます。本学の4年課程修了者は,就職の際の資格要件や待遇等においても一般の4年制大学卒の「学士」と同等である「高度専門士」として,また,2年課程・3年課程の修了者は「専門士」として,それぞれその技術力が高く評価されており,産業界の期待に応えて活躍しています。

ニーズの増加によってIT市場は今後も拡大を続けることが予想されるため,2030年には,最大で約79万人,最低でも約41万人程度は,IT人材が不足するといわれています。コンピュータは,今では家電製品や自動車など,身の回りの種々の機械に搭載されており,ITは,人間社会のあらゆる活動に必要不可欠なものとなっています。それゆえ,さまざまな分野においてIT関連の技術や知識を持った人材が重要とされる時代が到来しているのです。

将来を見据えたとき,仕事に役立つことの筆頭に挙げられるのは,ITの知識・技術です。どの分野・業界に進むとしても,習得することで就職・仕事に有利となることは間違いありません。

本学ではいつも,志の高い学生さんが多く入学し,友人たちと切磋琢磨しながら勉学に励んでいます。理想の就職を目指し,大学を卒業した後に,本学でさらなるスキルアップを目指す学生や,ダブルスクールという形で勉強する学生も毎年多数入学します。また,本学は海外でも一定の評価を得ており,世界各国からの留学生も多く在学しています。

次代を担う人となって自身の未来をより豊かに輝かせるために,生きたITを学び本当の実力を身につけてください。高い志を持った皆さんの入学をお待ちしています。

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう