京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

ニッツァ・メラス

school_info

「シルク・ドゥ・ソレイユ」
メインボーカリスト

多言語を操り,世界各地で聴衆を魅了してきたカナダ・モントリオール生まれのシンガーソングライターです。各国でサーカスやミュージカルなどの公演を続けるエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のメインボーカリスト3人のうちのひとりです。そのうち自らが作詞作曲した歌が,シルク・ドゥ・ソレイユのショーに採用されたのは,彼女のみで,事実上,同集団のトップ歌手といえます。レーベル(レコード会社)には属さず,歌,作詞作曲のみならず,グラフィックデザイン,プロモーション,販売まですべてをこなすニッツァ・メラス教授からメッセージを送ります。

ニッツァ・メラスNitza Melas

京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学教授

シンガーソングライター

メッセージ

KCGでは,学生は単に知識を得るだけでなく,ビジネスの世界のたくさんの側面に応用するための芸術的,技術的知識を磨くための道具を手に入れ学ぶ機会があります。プロジェクションマッピングに代表される表現の進化は,芸術に関わる情報処理技術者という地位の需要を作り,観客の期待を大きく超える独創的な表現を生み出すきっかけとなっているのです。KCGはこの分野の学びの最前線にあり,学生が自らの可能性を超えて抜き出る教育環境を作り出しているのです。

ニッツァ・メラス教授とアメリカで活躍する多彩なアーティストたちとのコラボレーションが実現し,これまでにない独創的なステージになった

舞台芸術×MUΣAプロジェクト

【全学科対象】プロと学生が創り出すITエンターテインメントショー

現在,演劇・オペラ・ダンスパフォーマンスに至るまで,ITを使った斬新な演出が試みられています。KCGでは希望する全学科の学生を対象に「舞台芸術IT」に関する講義を準備し,関連業界で活躍する人材を育成しています。指導を担当するのは,『シルク・ドゥ・ソレイユ』メインボーカリストのニッツァ・メラス教授と,米国ハリウッドでアーティストとして活躍中のキリル・コシック准教授です。受講した学生たちは,その集大成として『MUΣA(ムーサ)』プロジェクトに参加し,コンサートを企画・演出・プロデュースして撮影,ビジュアル・エフェクトや合成ソフトを活用した映像制作などに取り組みます。

2014年10月,KCG京都駅前校大ホールで開催されたコンサート『MUΣA』ではプロジェクションマッピングの技法などを取り入れ,2016年1月開催の『MUΣA LIVE SHOW』では,映像をホール全体に映し出すダイナミックな演出で来場者を魅了しました。

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう