京都コンピュータ学院は日本最初のコンピュータ教育機関です

0120-988-680
[入学相談窓口]

実践的なカリキュラム

school_info

一流の教員による実社会に直結した授業で,真の実力をつける。

将来にわたって活躍できる力

社会で活躍するためには,単に技術・知識を身につけるだけでは十分ではありません。それらを応用し,関連付けて活用することができてこそ,真の実力といえます。KCGでは,将来の就職,社会人としてのスタートを見据え,産業界のニーズを反映した実地・実践型カリキュラムを採用しています。大手電機メーカーやゲームメーカーなど,企業で実務経験を積んだ教員が,実社会での経験を基に,産業界のニーズに即した実践的な教育を展開しています。また,IT分野の実務家を育成する日本最初のIT専門職大学院「京都情報大学院大学」の教授陣も授業を担当しています。

身につけた力を活用するためには,仕事の基本スキルを修得しなくてはなりません。KCGでは,キャリア教育にも力を入れ,即戦力として活躍できる力を養います。そして,永きにわたってその力を活用し,さらなる向上を続けられるような真の実力を身につけることを重視しています。さらに,産業界との強いつながりを活かし,学生が企業において就業経験を積むインターンシップを実施しています。

自らの志向や目標に合わせて学べる

KCGでは,豊富な科目群から履修科目を選択できる科目選択制を採用しています。これにより,自分の興味や経験に応じた学習を進めることが可能です。卒業に必要な単位数以上の科目を履修することもできるので,他学系・他学科の科目を受講するなど,幅広く学習することができます。基礎から段階的に高度な技術・知識まで身につけられるカリキュラムなので,コンピュータ初心者も安心して学習できます。

学生一人ひとりのニーズに応える柔軟なカリキュラム

豊富な開講科目から選択できる

  • 1限(9:30〜11:00)
  • 2限(11:10〜12:40)
  • 3限(13:30〜15:00)
  • 4限(15:10〜16:40)
  • 5限(16:50〜18:20)※
  • ※必修科目は開講しない

(情報科学科1年次春学期を想定したモデルです)

一般教育

KCGでは,創立以来,外国語科目を含む一般教育科目を数多く開講しています。これは,「知性・感性ともにすぐれた人格の育成」という理念に基づくものであり,他のコンピュータ専門学校とは大きく異なる点です。KCGを卒業後,産業界の第一線で永く活躍するためには,広い視野と豊かな教養が必要です。学生時代に学び,吸収した知識・教養が,これからの人生の糧となるのです。

KCGは,真の意味で時代が求める人材を育成するため,数多くの一般教育科目を通じて,学生に知識を修得する場を提供しています。

一般教育科目

哲学
国文学
法学
天文学
論理学
現代日本語
国際関係論
物理学
心理学
日本文化
経営学
宇宙科学
臨床心理学
芸術文化
経済学
地球科学
認知心理学
比較文化論
現代社会学
環境科学
歴史学
漢詩
演劇入門
自然科学史
言語学
日本のこころ
コミュニケーション論
栄養学
芸術史
文化人類学
広告論
生物学
アメリカ文学
実用音楽論
マスメディア論
楽典入門

外国語科目

英語
英会話
実用英語
中国語

※年度により開講科目が多少異なります。

特別講義

学術講演会

各分野の学者や業界の第一線で活躍している実務家などを招き,数々の学術講演会を開催しています。

文化講演会

学生の知性・感性の涵養を目的として,人文科学系などの一流の専門家を毎年多数招き,さまざまなテーマの文化講演会を開催しています。

芸術鑑賞会

一流のアーティストによるクラシック・コンサートや日本の伝統芸能である能・狂言の鑑賞会,絵画展や彫刻展を開催し,学生が芸術に触れる機会を数多く提供しています。

「セイサク君開発物語」

狂言「附子」

実力をのばすKCGの学び

自分が学びたいことを自由に学べるIS制度

IS(Independent Study)制度とは,授業科目以外で興味を持った分野について,学生が指導教員を決め,研究を進めて単位を取得する制度です。教員から学生へという一方向の教育ではなく,学生が主体的に学びたいことを学ぶという意味で,この制度は従来の学校の枠を超えた,理想的な学校のあり方を具現するものです。KCGは,学生の“学びたい”という意欲を尊重する学校です。学生と教員が密接な関係を築き,ともに学んできた伝統によって,こうした制度が可能となったのです。

初心者も安心!

はじめは誰でもコンピュータ初心者です。KCGでは初歩から段階的に学習できるので,無理なく実力がつきます。

あらゆる分野を網羅!

KCGはコンピュータに関連するあらゆる分野をカバーしています。KCGであなたの夢がきっと見つかります。

少人数クラス制

KCGでは,平均して30名程度でクラスが構成されます。クラス担任は各学生と面談し,将来の夢や学習の方向性などについて個別にアドバイスをします。授業以外でのコミュニケーションも重視し,親睦会を開いたり,学院祭で模擬店を出したりするクラスもあります。KCGは,学生同士が横のつながりをつくることを大切にしています。

自由実習制度

KCGでは,学生が授業時間以外にも実習設備を活用できる「自由実習制度※」を採用しています。現在,ソフトウェア開発,マルチメディア開発,ゲーム開発,ハードウェア開発,CG・映像制作,デザイン制作など,あらゆるコンピュータ分野に対応した多数の実習室が各校舎に設置されています。こうした実習設備を自由に活用し,学生はスキルアップを図ることができます。

※別途費用はかかりません。

その他のサポート制度

メールアドレス公開

全教職員のメールアドレスを公開しているため,学生はいつでも相談ができます。また,授業で分からない点などがあれば,担当教員へ自由に質問できます。

SOSメール

KCGでは,学生の皆さんが,学生生活上の悩みや緊急の相談をできる体制を整えています。悪徳商法やインターネット上のトラブルに巻き込まれた場合など,必要に応じて,法律的なアドバイスも行います。

最新ソフト・インストールサービス

KCGでは,マイクロソフト社との契約に基づき,同社の各種ソフトウェアの最新バージョンを自分のパソコンにインストールできるサービスを利用して,最新の環境で学ぶことができます。

Webサイト領域付与

KCGは,学生がWebサイトを持つことを奨励し,学内サーバに個人用の領域を与えています。学生は自分のWebサイトを制作してこの領域にアップロードし,就職活動などに活用することができます。

通学定期・学割

京都コンピュータ学院洛北校・鴨川校・京都駅前校は,学校教育法第124条に基づく専修学校で,京都府知事認可を受けています。KCGの学生は,通学定期券および交通機関等の学生割引(学割)が利用可能です。(夜間部を除く)

校舎間シャトルバス

京都市内の各所にキャンパスがあるKCGでは,各校舎を結ぶシャトルバスを無料で運行しています。他校舎で開講されている授業を受けたい場合などは,このシャトルバスで移動できます。

アルバイト紹介

KCGキャリアセンターでは,アルバイトの求人紹介も行っています。学業とアルバイトを両立し,学びながら社会経験を積むことを考えている皆さんをサポートします。

学生寮・下宿紹介

日本全国から集まる学生のために,KCGは京都市内の上賀茂神社近くに「大宮寮」(男子寮)を設けています。すべて個室で,教職員が寮監として生活を共にしています。全室にLANが完備され,朝夕の食事が付き,学校へは無料のスクールバスで通うことができます。さらに特徴的なのは,ドミトリーシステムという制度です。在寮中に国家試験(情報処理技術者試験)に合格することを第一目標とし,寮監が講師となって夜間授業を行います。

他に委託寮,提携マンションがあり,下宿紹介なども行っています。

資料請求
入学案内・募集要項・願書を無料でお送りします
オープンキャンパス
オープンキャンパスでKCGを体験しよう