ITを駆使した華麗なMUΣAライブ・ショーが開催されました

CG投影が生み出す立体的な映像空間
CG投影が生み出す立体的な映像空間
熱唱するニッツァ・メラスさん
熱唱するニッツァ・メラスさん

京都情報大学院大学(KCGI)の教授で,国際的なエンターテイメント集団「シルク・ド・ソレイユ」のメインボーカリストとしても活躍するニッツア・メラスさんが歌い,ハリウッドで活躍するビジュアル・アーティストのキリル・コシック氏が視覚効果を手がけ,KCGIと京都コンピュータ学院(KCG)の学生も多数参加したMUΣAライブ・ショーが,1月22日,KCG京都駅前校の6階ホールで開かれ,多くの学生と一般市民の方々が,華麗な視覚効果をふんだんに盛り込んだ,約30分の歌とダンスのショーを楽しみました。

今回のショーは,昨年にKCGIで開講された集中講義「舞台芸術IT」とKCGで開講された「舞台芸術演習」の集大成として企画されたもので,両学校の学生たちは,授業で学んだ演技や発声の仕方,CG制作の知識などを総動員して,ショーの演出に取り組みました。準備作業が本格化したのは公演のわずか一週間前で,ニッツァさんから指導を受けながらリハーサルを何度も繰り返したほか,衣装や小道具は手作りし,ホール内の設営も自分たちの手で行いました。KCGのダンスとコーラス・サークルの部員も参加して,若者らしい元気な踊りと歌声を披露してくれました。

ショーの醍醐味は,ステージ上の演技と,ホールの三方の壁に投影されるCG映像とのコラボレーションです。キリル氏がKCG鴨川校の学生ともに制作した,炎・水・雪・月などをイメージしたCGが,パフォーマーの歌やダンスに合わせて,ホール正面のスクリーンのみならず,白布で覆われた左右の壁にも,3台のプロジェクターから投影され,観客を取り囲む立体的な映像空間が出現しました。学生扮するシャーマンの手の動きに合わせて炎が投影され,ダンスサークル顧問の教員が披露した影絵の踊りでは,巨大な月がゆっくりと天空を移動し,限りなく舞う雪片を背景にニッツァさんが独唱するという幻想的なショーが展開されました。

この「舞台芸術IT」コースは,北米のエンターテイメント界の第一線で活躍するニッツァさんとキリル氏を中心とした指導のもと,ITを駆使する舞台演出に精通した人材を育成する実践的な授業です。学生はショーを構成する個別の技能を学習するのはもちろん,MUΣAライブ・ショーの企画と演出に参加することで,学んだ知識とスキルを実地に応用する総合的な学習体験も積むことができます。

「MUΣA Live Show」のページをご覧ください。
http://www.kcg.ac.jp/event/concert20150122.html

幻想的な月下のシャドウダンス
幻想的な月下のシャドウダンス
KCGダンスサークルが披露した元気な踊り
KCGダンスサークルが披露した元気な踊り
最後は参加者全員がステージ上へ!
最後は参加者全員がステージ上へ!