日本e-Learning大賞・ウェアラブル部門賞に輝いたKCGIが表彰を受けました

「第12回日本e-Learning大賞」でウェアラブル部門賞を受賞し表彰を受けた江見圭司准教授(中央)=2015年10月28日,東京千代田区のソラシティ カンファレンスセンター

「第12回日本e-Learning大賞」でウェアラブル部門賞を受賞し表彰を受けた江見圭司准教授(中央)=2015年10月28日,東京千代田区のソラシティ カンファレンスセンター

eラーニングアワード 2015 フォーラムが10月28-30の3日間,東京千代田区のソラシティ カンファレンスセンターで開かれ,28日に「第12回日本e-Learning大賞」でウェアラブル部門賞を受賞した京都情報大学院大学(KCGI)が表彰を受けました。29日には江見圭司KCGI准教授による講演「国際化・多言語化を意識したJMOOC教材の作成」もあり,訪れた人たちにKCGIを存分にアピールしました。

受賞したのは,KCGIと一般社団法人 野菜プラネット協会が共同で制作したコンテンツ「ウェアラブル・ドローンカメラを用いた次世代農業人材育成の反転学習用コンテンツの開発」です。名川知志KCGI客員教授が担当する農業IT(スマート・アグリ)についての講義で使うコンテンツを盛り込んだeラーニング教材で,江見圭司KCGI准教授らとともに開発してきました。同フォーラムはその内容を高く評価しました。

KCGIでは2016年度に「応用情報ビジネスコース」を新設し,今回の受賞作に関連する農業ITのほか,海洋IT,医療ITなどの分野におけるカリキュラムを構築,関連する各種講義を準備しています。今回の受賞は,コース新設に弾みをつけるでしょう。