KCGとKCGIが関西初のLPI-Japan HTML5アカデミック校に認定されました

京都コンピュータ学院(KCG)と京都情報大学院大学(KCGI)が11月1日,関西の高等教育機関では最初の「LPI-Japan HTML5アカデミック認定校」の認定を受けました。認定を行ったのは,OSソフトウエアLinuxの資格試験である「LPIC」や「HTML5プロフェッショナル認定試験」の実施主体で知られる,特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(東京都港区,以下LPI-Japan)です。「HTML5アカデミック認定校制度」とは,ITプロフェッショナル認定機関のLPI-Japanが,独自に定めた学習環境基準をクリアした教育機関をアカデミック認定校に認定することで,HTML5プロフェッショナル認定資格の取得を目指す受験者に質の高い教育を提供する制度です。

今回の認定は,KCGとKCGIがこれまで高い水準でのHTML5技術やWeb系の授業・集中講義を実施してきており,ITやWeb分野のプロフェッショナル教育において顕著な実績を持っていることが高く評価されて行われました。また認定日の11月1日は奇しくもKCGIの創立13周年記念日と重なったことから,この日にIT教育発展への誓いを新たにした KCG・KCGIにとって,認定は大きな励みになりました。KCGとKCGIでは今後もWebプロフェッショナルの育成およびHTML5ビジネスの拡大に寄与する活動を積極的に展開していく意向で,2017年3月6日〜3月10日の期間には,一般の方も受講できる集中講義「実践HTML5アプリケーション開発」も開講する予定です。

2016年第4回公開講座
http://www.kcg.edu/curriculum/extension/2016_4.html

(注)HTML5とはWebページを記述する言語で,ビデオやオーディオの再生が容易で,ネット未接続でもオフラインで実行可能な点に特徴があります。スマートフォン向けWebページの基礎となるレスポンシブWebデザインに対応するだけではなく,電子書籍やモバイルアプリケーションも作成できることから注目されています。