KCGが7月からの京都水族館のイベントに協力,フォトモザイク魅せます!

京都コンピュータ学院(KCG)と京都情報大学院大学(KCGI)などKCGグループは,2017年7月1日から9月3日まで京都水族館(京都市下京区)と京都国立博物館(同市東山区)が連携して開催する「すいぞくかんとはくぶつかん」のイベント「描いて撮って! お絵描きワークショップ」に協力することになりました。イベント当日は学生スタッフや教員たちが会場の同水族館「交流プラザ」に詰め,最先端のIT(情報技術)を駆使して子どもたちの夏の思い出づくりにひと役買います。

「描いて撮って! お絵描きワークショップ」では,同水族館を訪れた子どもたちが描いた魚の絵をスキャンして,KCGの学生の手によるオリジナルのフレームに載せ,壁面に投影し記念撮影してもらいます。そのほか,事前募集により全国の子どもたちから寄せられた魚の絵の画像を並べたフォトモザイク作品もポスターで展示しています。

京都国立博物館で展示される作品に登場するいきものと,京都水族館で遊泳するいきものの姿を見合わせて子どもたちに作品の背景についても学んでもらおうという趣旨の「すいぞくかんとはくぶつかん」では,KCGが実施するワークショップのほかにも,さまざまなイベントが開催されます。詳しくは下記をご覧ください。

『京都水族館』×『京都国立博物館』連携企画
「すいぞくかんとはくぶつかん」を開催 | 京都水族館
http://www.kyoto-aquarium.com/news/2017/04/kyohakusuizokukan.html